PayPayの各種キャンペーンを支えるキャッシュバックエンジンの仕組み - ログミーTech      2019-08-22 12:40:02  詳細
2019年7月24日、ヤフー株式会社が主催するサーバーサイドエンジニア向けの勉強会「Bonfire Backend #3」が開催されました。第3回となる今回のテーマは「モバイル決済の裏側」。急速に成長するモバイル決済分野でサービスを展開する企業が一堂に会し、自社サービスの仕組みや技術スタックなど、知られざる裏側を語ります...
https://logmi.jp/tech/articles/321648
IntelliJ・WebStrom・PhpStorm等のJetBrains製IDEで、文字列の直前に「language=JSON」と書くと、その文字列にJSONのシンタックスハイライトが効いて便利だった。 - Qiita      2019-08-22 09:20:02  詳細
IntelliJ・WebStrom・PhpStorm等のJetBrains製IDEで、文字列の直前に「language=JSON」と書くと、その文字列にJSONのシンタックスハイライトが効いて便利だった。 IntelliJやWebStrom、PhpStormなどのJetBrains製IDEで、文字列の前に// language=JSONというコメントをつけると、IDEが文字列をJSONとして認識してくれるた...
https://qiita.com/suin/items/7ce9bb3040cf55d25651
ベルリンでScala Meetupを開催しました! - Fringe81 engineer blog      2019-08-21 16:40:02  詳細
こんにちは! Fringeのエンジニアの藤野です。 今回ベルリンでScala Meetupを開催しましたので、開催レポートとベルリンのScala事情について紹介します。 開催するまでの経緯 そもそもなんでベルリンで開催?という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、実は今年の2月にFringeの子会社であるUniposがベルリンでドイツ支...
https://fringeneer.hatenablog.com/entry/2019/08/21/100000
詳説implicitly(あるいはimplicitlyは黒魔術でないことの説明) - Qiita      2019-08-19 11:40:02  詳細
のようなコードを書いたことがあるのではないかと思います。この implicitly というメソッドですが、しばしばScalaの黒魔術であると思われるようです(誰か特定の方の発言ではなくて、そういう趣旨の発言を時々みかけます)。 しかし、この implicitly 、定義を見てみるとわかるのですが、実は以下のたった一行のメソッ...
https://qiita.com/kmizu/items/52598a233c81508af307
依存性解決のセマンティクス | eed3si9n      2019-08-03 12:20:29  詳細
依存性リゾルバー 依存性リゾルバー (dependency resolver)、もしくはパッケージマネージャーは、ユーザーによって与えられた制約の集合を元に矛盾しないモジュールの集合を決定するプログラムだ。通常この制約要件はモジュール名とそれらのバージョン番号を含む。JVM エコシステムにおける Maven モジュールは organiza...
http://eed3si9n.com/ja/dependency-resolver-semantics
for文がわかるプログラマのためのモナド最速入門 - Qiita      2019-08-02 09:40:04  詳細
はじめに 近頃の for 文は、コレクションの要素を直接参照できたり、 yield で評価結果を返せたり、多重ループを一気に回せたり、便利なものが多いですね。たとえば Scala であれば、こんなふうに書けます。 val list = for { a <- List(100) b <- List(10, 20) c <- List(1, 2, 3) } yield a + b + c print(list) // Li...
https://qiita.com/piyo7/items/2dac41d73f5cb4d2fdf1
GraalVMはどれだけ遅いか - きしだのHatena      2019-08-02 05:40:02  詳細
GraalVM流行ってますね。 そして、多くの人はGraalをAOTとして使うnative-imageのことだけをGraalVMと言ってたりします。 ご安心を。このエントリではGraalをJITとして使うHotSpotモードとGraalをAOTとして使うnative-imageの両方が遅いという話です。 GraalVMは速い、と言われてますが、残念ながらHotSpotモードでC2よ...
https://nowokay.hatenablog.com/entry/2019/06/27/045352
Actor Model meets the Kubernetes - CNDT 2019 - Speaker Deck      2019-07-28 10:40:06  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/shnmorimoto/actor-model-meets-the-kubernetes-cndt-2019
Scalaで関数型 再入門 - Speaker Deck      2019-07-28 10:40:05  詳細
よく遭遇する、Scala標準ライブラリだけだと大変なケースでも、 Catsを使うとうまく関心事を分離して、クリーンかつ拡張に対して頑強になることがあります。 このスライドでは、そういった場合のCatsの使い所について、初学者向けに解説をしています。 2019年7月26日のセプテーニ・オリジナルでの社内勉強会資料です。
https://speakerdeck.com/taisukeoe/scaladeguan-shu-xing-zai-ru-men
Scalaプログラマが圏論を学ぶためのオススメ文献 - 3選 - Qiita      2019-07-24 10:40:24  詳細
圏論は数学の一分野です。これを学ぶのには「数学書」を手に取るのが王道なのですが、残念ながらこれは大部分のプログラマに理解できる言葉では書かれていません。「定義・命題・証明」の積み重ねで書かれています1。ここで大半のScalaプログラマは苦い顔をすると思います。もう少し分かりやすいScalaプログラマ向けの圏...
https://qiita.com/hinastory/items/f29a47a32499dcc9f08a
ScalaからAWS CDKを叩いてインフラを構築する - ぶらっ記ぃ      2019-07-18 16:20:47  詳細
モチベーション 先日、TypeScriptとPython向けに AWS Cloud Development Kit がGAになりました。 aws.amazon.com 現在GAではないのですが、JavaもこのAWS CDKの対象言語となっています。 じゃあ、JavaでできるならScalaでもできるよね?(決まり文句) Scalaでインフラコードを書けるのは嬉しそう。 というわけでScalaからA...
http://nomadblacky.hatenablog.com/entry/2019/07/14/194607
こんなに違う!ScalaとKotlin - Speaker Deck      2019-07-16 01:40:06  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/kaelaela/konnaniwei-u-scalatokotlin
ScalaMatsuri2019で発表してきました - petitviolet_blog      2019-07-15 16:40:05  詳細
「ピュアなドメインを支える技術」というタイトルで発表してきました。 2019.scalamatsuri.org ScalaMatsuriは2017で発表して以来だったので楽しみにしてました。 petitviolet.hatenablog.com 資料 内容としては関数型プログラミング + CQRSという感じでDDDをどうやってピュアに保って推進するか、というもの。 Monadと...
https://petitviolet.hatenablog.com/entry/20190629/1561802400
A Tour of Scala 3      2019-07-14 09:40:05  詳細
A Tour of Scala 3 1. A Tour of Scala 3 Martin Odersky Scala Days Lausanne June 2019 2. 10th Anniversary Edition of ScalaDays It all started here in 2010 3. 10th Anniversary Edition of ScalaDays It all started here in 2010 4. Some curious parallels between now and then What was new in 2010? Collec...
https://www.slideshare.net/Odersky/a-tour-of-scala-3
ScalaMatsuri2019の参加レポート - MicroAd Developers Blog      2019-07-05 19:40:02  詳細
こんにちは。サーバサイドエンジニアの松宮です。 今年もScalaMatsuriに参加してきました。そして今年は大名スポンサーとして協賛させて頂きました! 濃い内容のセッションが盛りだくさんで非常に勉強になりましたので、いくつかピックアップしてレポートを書きたいと思います。 目次 いつかは導入したい、ES + CQRS こ...
https://developers.microad.co.jp/entry/2019/07/05/180000
Scala Matsuri 2019にエンジニア2人で発表してきました #ScalaMatsuri - Fringe81 engineer blog      2019-07-03 14:40:02  詳細
Fringeのエンジニアの藤野です。 6/27(木)〜6/29(土)で開催されたScala Matsuri 2019に弊社のエンジニア2人が発表してきました! Scala Matsuri Scala Matsuriは、2013年に開催されて以来、今回で第6回目になる日本で最大のScalaのカンファレンスです。 海外からもScalaエンジニアが多く参加し、セッション中に日英の同...
https://fringeneer.hatenablog.com/entry/2019/07/03/103016
そのプログラミング言語、Simpleですか?Easyですか? - たなかこういちの開発ノート      2019-07-02 09:40:06  詳細
ScalaMatsuri 2019 Unconference Day 16時からC会場で開かれました「From Go To Scala Easy vs Simple」セッションを受けて、自分としてのまとめを記します。 ※当日のツイートまとめました。→ https://togetter.com/li/1371467 ◇ まず、私はかつてDSLを作ろうとして「プログラミング言語とは?」といったお題をある程度...
http://tanakakoichi9230.hatenablog.com/entry/20190630/1561904838
エムスリーに入社しました|yukinagae|note      2019-07-02 09:40:05  詳細
本日7月1日にエムスリーにデータエンジニアとして入社しました。「入社っぽいモチーフと言えば桜だな」と思ったので、季節外れですがアイキャッチ画像に使いました。 なぜ入社(転職)ブログを書くのか?なぜこのような文章を書くかというと、自分が入社する時に考えていたことを記録して、言語化しておきたいからです。...
https://note.mu/yukinagae/n/n4e9146f1452d