チャットワークのID生成器 - ChatWork Creator's Note      2018-01-17 23:20:51  詳細
2018 - 01 - 17 チャットワークのID生成器 18桁になったメッセージID 2017年5月28日をもってチャットワークのメッセージIDは10桁から18桁になりました。みなさんお気づきでしたか? これはメッセージリンクを取得してみることで確認できます。 それまでは32bitでかつ連番のIDでした。今は64bitになり、また単調増加性だけを保証し、連番ではなくなっています。 この記事では新...
http://creators-note.chatwork.com/entry/2018/01/17/163053
AWS Glue 新しくサポートされたScalaでETL Job作成を試してみました | Developers.IO      2018-01-15 10:20:32  詳細
はじめに AWS Glueは、Pythonに加えてScalaプログラミング言語をサポートし、AWS Glue ETLスクリプトの作成時にPythonとScalaを選択できるようになりました。新しくサポートされたScalaでETL Jobを作成・実行して、ScalaとPythonコードの違いやScalaのユースケースについて解説します。 AWS Glue Now Supports Scala in ...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-glue-using-scala/
出張Scalaハンズオン! in 会津大学 - Opt Technologies Magazine      2018-01-11 22:20:53  詳細
2018 - 01 - 11 出張Scalaハンズオン! in 会津大学 Scala ハンズオン 会津大学 学生 新卒 採用 Twitter Facebook Hatena Pocket 11/16(木)、会津大学さんにて、授業の一環で出張Scalaハンズオンを実施させていただきました! ハンズオンの様子をレポートします。 あいさつ 会津大学さんへ出張してきました Scala入門ハンズオン (by...
http://tech-magazine.opt.ne.jp/entry/2018/01/11/114332
CoreNLPを使ってみる(2) API編 - astamuse Lab      2018-01-10 21:21:15  詳細
2018 - 01 - 10 CoreNLPを使ってみる(2) API編 データ開発エンジニア 自然言語処理 Scala 山縣です。 新年明けましておめでとうございます。 弊社の年末年始休暇は例年になく長く11連休となりました。おかげでかなりリフレッシュできました。 まだちょっと休みボケも残っていますが頑張っていきたいと思います。 本年も弊社と当ブログをよろしくお願いします。 今回も CoreNL...
http://lab.astamuse.co.jp/entry/corenlp2
頑張りすぎないScala      2018-01-10 11:20:57  詳細
頑張りすぎないScala 1. 頑張りすぎないScala Naoki Takezoe @takezoen BizReach, Inc 2. 自己紹介 竹添 直樹: @takezoen ビズリーチという会社でScalaを書いてます OSS開発や技術書の執筆などもしています 3. 関数型プログラミング in Scala 基本的には副作用を使った手続き型プログラミング言語 関数型言語由来の様々な機能を...
https://www.slideshare.net/takezoe/scala-84830510
いろんな言語で「Optional(2018)年」やってみよう - Qiita      2018-01-10 09:20:26  詳細
元ネタ Optional(2018)年あけましておめでとうございます マジレスすると『Optional(2018)年』を恐れる必要はない Optional(2018)と表示された原因 Swift 2からSwift 3になった際に、DateComponents 構造体のyearやmonthプロパティがOptional 型になったため 他の言語でも同様の破壊的変更があった場合どうなるか? Swift ...
https://qiita.com/xmeta/items/22bfe8649701d78f933c
scala-learn-flatmap      2018-01-05 16:20:56  詳細
ここで注意が必要なのは「型引数をとる全てのクラス(全ての総称型) ≠ 文脈付きの値」ということです。型引数をとり、文脈付きの値とはいえないクラスも存在します。 たとえば  SeqFactory[A] は、 Seq のサブクラス A を生成するファクトリであり、 文脈付きの値ではありません。もっと身近な例を上げると、わたし達が普段よく目にしている(であろう) Provider[A] や Publis...
https://dev.classmethod.jp/server-side/scala-learn-flatmap/
Finagle for Beginners // Speaker Deck      2018-01-05 11:20:49  詳細
Introduction to Finagle and how build a small distributed system.
https://speakerdeck.com/muuki88/finagle-for-beginners
Scalaの=>記号の意味が多すぎるのでまとめた - Qiita      2018-01-04 18:20:50  詳細
本格的にScalaを勉強し始めたのですが、 => という記号の使用される場面が多くて混乱したので、まとめました。 => 記号の意味一覧 => という記号はScalaの色々な場面で使用されます。 関数型の表現 ラムダ式 パターンマッチ 別名でのインポート @yasudakinenbi さんのご指摘で追加しました 引数の名前渡し 明示的に型付けされた自己参照(explicitly typed self...
https://qiita.com/mizunowanko/items/e699f45ef918476ad81e
ScalaのmutableのHashSetの面白い挙動 - Togetter      2018-01-03 19:40:02  詳細
mutableのHashSet以外にも、 == と equals の違い、 ## と hashCode の違い、が関係ありややこしい。 ## や == は、単に hashCode や equals を呼ぶのではなく、少し特殊なことをしています。 ところで mutable な HashSet 内部で ## ではなく hashCode を使っているのは、修正するべきバグなのか、パフォーマンスな 続きを...
https://togetter.com/li/1186215
株式会社FOLIOの次世代証券システムをひもとく - itohiro73’s blog      2017-12-25 15:40:02  詳細
2017 - 12 - 25 株式会社FOLIOの次世代証券システムをひもとく これは FOLIO Advent Calendar 2017 の25日目の記事です。昨日は弊社CTOである椎野( tshiino48 )による 「IOTA ~ポストスマートフォン時代のフィンテック~」 でした。 qiita.com 本日は FOLIO Advent Calendar 最終日、締めの記事を「株式会社 FO...
http://itohiro73.hatenablog.com/entry/2017/12/25/081835
Freeモナドで副作用を切り出す - Qiita      2017-12-25 13:20:56  詳細
はじめに 関数型プログラミングでは、 純粋関数 を使ってプログラムを組み立てていくことで様々なメリットを享受できます。例えば Functional Programming in Scala には以下のように利点が列挙されています。 Because of their modularity, pure functions are easier to test, reuse, parallelize, ...
https://qiita.com/jooohn1234/items/02496fca2aa2b65325c8
Scalaメタプログラミング今昔物語 - 本編 - ぼくたち宇宙人      2017-12-24 03:20:47  詳細
2017 - 12 - 23 Scalaメタプログラミング今昔物語 - 本編 今日が 天皇誕生日 なのも来年までということになりましたが、これは scala advent calendar 2017 の23日目の記事です。昨日は nobkz さんのScalaJSの話、明日は moc-yuto さんのAkkaStreamの話です。 さて、この記事では、 scala の メタプログラミング 機能につい...
http://itakeshi.hatenablog.com/entry/2017/12/23/002550
Akka HTTP クライアントを使う - Okapies' Archive      2017-12-24 01:40:03  詳細
2017 - 12 - 03 Akka HTTP クライアントを使う この記事は Scala Advent Calendar 2017 の三日目です。前回は @poad1010 さんの 「JupyterでScala」 でした。 Akka HTTP を使って REST API を叩いてみようと思って色々と試したメモ。基本的には下記のドキュメントを読めば良いのだけど、サーバ側はともかくクライアント側の...
http://okapies.hateblo.jp/entry/2017/12/03/051725
Dependent Function Types      2017-12-18 06:21:06  詳細
A dependent function type describes functions where the result type may depend on the function's parameter values. Example: class Entry { type Key; key: Key } def extractKey(e: Entry): e.Key = e.key /...
http://dotty.epfl.ch/docs/reference/dependent-function-types.html
Akka HTTPの仕組みを理解する : LINE Engineering Blog      2017-12-17 18:21:05  詳細
初めまして、Ads Platform開発チームの岡田( @ocadaruma )です。 この記事は LINE Advent Calendar 2017 の17日目の記事です。 今回、個人的に以前から気になっていた Akka HTTP の内部構造について、この機会に調べましたので紹介いたします。 Akka HTTPとは Akka HTTP は、 Lightbend社 によって開発されている、Scal...
https://engineering.linecorp.com/ja/blog/detail/229
Kotlinでもジェネリクスの下限境界ワイルドカードをつかいたい!! - Qiita      2017-12-12 09:21:18  詳細
はじめに ScalaというKotlinと同じJVM言語にEitherという言語機能があるのをご存知ですか? Eitherとはジェネリクスの型A、Bのうちどちらかを持つと言うものです。kotlinで擬似コードを書くと Ether<A,B> の様になります。EitherにはRightとLeftの2つのサブクラスがあります。 Right:英語のRight(正しい)にかけて成功を表す Left:失敗を表す...
https://qiita.com/youta1119/items/d9bf694fcd61d4435d2f
ドメインモデルの根拠とドメインモデル貧血症の対策について - ChatWork Creator's Note      2017-12-11 10:21:16  詳細
2017 - 12 - 10 ドメインモデルの根拠とドメインモデル貧血症の対策について ChatWork Advent Calendar 2017 の10日目の記事です。 こんにちは。かとじゅん(@ j5ik2o ) です。 何を書こうかと悩んだのですが、社内で意見を聞いたところ、やはりDDD関連がよいとなりました。 Scalaコードでわかった気になるDDD この記事も、もう四年前ですっかり古くな...
http://creators-note.chatwork.com/entry/2017/12/10/160210
書籍『Akka実践バイブル』の翻訳レビューに参加してきました - yoskhdia’s diary      2017-12-08 21:21:02  詳細
2017 - 12 - 08 書籍『Akka実践バイブル』の翻訳レビューに参加してきました Scala Java 記録 書籍『Akka実践バイブル』の翻訳レビューに参加してきました。 *1 書籍のレビュアーとしては2回め、技術書としては初めてです。 興味のある人を増やせれば良いなーと思い、少しばかり本の紹介をしてみたいと思います。 www.shoeisha.co.jp どんな本か 『Akka実践バ...
http://yoskhdia.hatenablog.com/entry/2017/12/08/002600
Big Data Processing at Spotify: The Road to Scio (Part 2) | Labs      2017-12-07 01:20:53  詳細
In this part we’ll take a closer look at Scio, including basic concepts, its unique features, and concrete use cases here at Spotify. Basic Concepts Scio is a Scala API for Apache Beam and Google Clou...
https://labs.spotify.com/2017/10/23/big-data-processing-at-spotify-the-road-to-scio-part-2/