Scalaのコミット権限をもらった - xuwei-k's blog      2018-08-11 07:20:43  詳細
ここでいうScalaとは https://github.com/scala/scala のScala programming language本体のことです。 以前、以下のようなblogを書きましたが xuwei-k.hatenablog.com その後も同じようなpull reqをずっとして、2018年8月10日の時点で、96 commits で 23 位です。 https://github.com/scala/scala/graphs/contributors?f...
https://xuwei-k.hatenablog.com/entry/2018/08/10/193144
79679ad9911da6ea0309      2018-08-01 18:20:02  詳細
私は現在、Scalaで書かれているわりと古めのゲーム用サーバーに、いろいろ機能追加したり不具合修正したりする仕事をしています(オマケとして、Nodeで管理ツール(イベントやお知らせの編集、プレイヤーの個別情報の閲覧や設定)やKPIツール(各種統計をとってビジュアライズする、ゲーム運用の生命線となるツール)を...
https://qiita.com/yonezawaizumi/items/79679ad9911da6ea0309
私たちが技術を使って解決しようとしている課題・それにあたって募集しているメンバーを説明します。 | What We Are Doing      2018-07-31 15:20:24  詳細
ヌーラボのAngelaです。 先日、Kibelaさんのブログを読んで、とっても丁寧に説明されているなあと感銘を受けておりました。 エンジニア採用やってます!(We're Hiring Engineers!) - Kibela Blog Kibelaの運営を行っております井原(@ihara2525 )です。 先日「 採用やってます!(We're Hiring!) 」という記事を書い...
https://www.wantedly.com/companies/nulab/post_articles/127346
DDDリポジトリを楽に実装するライブラリ      2018-07-29 23:20:30  詳細
DDDのリポジトリを実装するのがダルいので、ライブラリ化したというか前から書いていたけど、Redis, Memcacachedなどの実装も追加したので、簡単に説明を書いてみる。 プロジェクトなどで自前で実装する際も、参照実装として参考になると思います。Scalaの例だけど、他の言語でも参考にはなるんじゃないかと勝手に想像し...
https://qiita.com/j5ik2o/items/5f29e2ec22a5eac2a186
なぜfoldRightが美しいのか - エムスリーテックブログ      2018-07-25 18:20:37  詳細
エンジニアリンググループの冨岡です。 私は最近関数型プログラミングにハマっていて、社内でFP in Scala (訳書)の輪読会を主催するなどして関数型やScalaが好きな人を増やす活動をしています。 この輪読会ですが、本自体の素晴らしさもあって未だに参加者7人が誰一人脱落することなく読み進めています。現在8章と折返...
https://www.m3tech.blog/entry/2018/07/25/162459
新卒エンジニアがグループ会社の臨時 CTO を務めた話、そして入社 1 年を振り返って - エムスリーテックブログ      2018-07-25 14:20:42  詳細
--- 2018-05-15 追記 --- 当初、記事のタイトルや本文中で「チームの臨時 CTO」という表現を使っていましたが、より正確な「グループ会社の CTO」という表記に改めました。 グループ会社のエンジニアリング面を私たちのチームで担当しており、チームリーダーがグループ会社の CTO を務める、という背景があります。 --- ...
https://www.m3tech.blog/entry/2018/05/14/172513
Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─ - たけぞう瀕死ブログ      2018-07-25 13:20:08  詳細
技術書典で販売されていた同人誌がインプレスR&Dさんから電子書籍&オンデマンドで発売されたものとのことで、Scala初心者向けの入門用書籍にどうだろうと思い、Kindle版を購入して読んでみました。 Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─ (技術書典シリーズ(NextPublishing)) 作者: 伊藤竜一出版社/メ...
http://takezoe.hatenablog.com/entry/2018/07/22/001031
Why Scala? – SoftwareMill Tech Blog      2018-07-21 16:40:03  詳細
Why Scala?Following Martin Odersky’s keynote at ScalaDays, which laid out plans for Scala 3, and John de Goes’s keynote during Scalapeño on the future of Scala, there has been quite a lot of debate in the Scala community. Apart from the keynotes itself, there’s a significant amount of threads on ...
https://blog.softwaremill.com/why-scala-a6ac8c98c541
GraphQLの認証をどこでやるか      2018-07-18 09:20:03  詳細
GraphQLなAPIを実装するにあたって、認証をどうするか。 GraphQL内部で認証する GraphQLの外で認証する 認証とスキーマ 参考: A guide to authentication in GraphQL – Apollo GraphQL Learn SangriaのAuthentication and Authorisationセクション ScalaでSangriaを使って実装を考える。 個人的な結論 認証はGraphQLの手...
https://qiita.com/petitviolet/items/62d7e0462f85bed3f39b
dotty/typelevel.md at add-transparent · dotty-staging/dotty · GitHub      2018-07-09 16:20:39  詳細
Functional Typelevel Programming in Scala This is a working draft document for discussing language constructs in support of typelevel programming in Scala 3. State of the Art Currently, typelevel programming in Scala is mainly done using implicits. Proof search for finding implicit arguments can ...
https://github.com/dotty-staging/dotty/blob/add-transparent/docs/docs/typelevel.md
CQRS+ES on GCP      2018-07-07 06:20:44  詳細
CQRS+ES on GCP 1. copyright Fringe81 Co.,Ltd. CQRS+ES on GCP 2018.3.27 GCPを活用した戦略的な新サービス開発の裏側@Fringe81 2. copyright Fringe81 Co.,Ltd. About me (@mtoyoshi) ・サーバーサイドエンジニア ・ScalaとGolang書いてます 3. 共に働く仲間と送り合う ピアボーナスを実現するサービス 〜サイレント...
https://www.slideshare.net/MasakiToyoshima/cqrses-on-gcp
GraphQL on Scala - Speaker Deck      2018-06-29 11:20:05  詳細
Introduction for GraphQL and implementing GraphQL API using Scala.
https://speakerdeck.com/petitviolet/graphql-on-scala
Scala使用歴5年のプログラマが、この言語とその環境に関する神話を解き明かす | POSTD      2018-06-23 01:20:57  詳細
(注:2016/1/21、頂いたフィードバックをもとに記事を修正いたしました。) 『Programming in Scala (Scalaでプログラミング)』の初版を読み始めた(でも読み終えていない)5年前からJavaの代わりにScalaを使うようになりました。最初はテストの時に使用していましたが、すぐにちょっとしたユーティリティクラスでも使用...
https://postd.cc/5-years-of-scala-and-counting-debunking-some-myths-about-the-language-and-its-environment/
広告配信プログラム PerlからScalaへの軌跡 - MicroAd Developers Blog      2018-06-20 18:20:22  詳細
MicroAdの京都研究所でソフトウェアエンジニアとして勤務している池田です。主に広告配信やReal Time Bidding(以下RTB)のプログラムの開発に携わってきました。 本日はアドネットワークと呼ばれていた時代から現在主流となったRTBに至るまで、MicroAdの広告配信プログラムで採用したプログラミング言語の経緯について...
https://developers.microad.co.jp/entry/2018/04/25/130525
Scala本体に貢献(pull request)してみる話 - xuwei-k's blog      2018-06-18 23:20:57  詳細
以前にも増して、普段ずっとgithubしかやっていないわけで、githubでの活動のことに関してはいくらでも書くことがあるというか、逆に全部をblogに書いていたらとても書ききれないわけで、よってあまり特別なことがない限りblog書かないわけですが、なんとなくScala本体にまとまってpull requestするのは自分にとっては多...
https://xuwei-k.hatenablog.com/entry/2018/06/18/163043
Announcing the Build Server Protocol v1.0.0 | The Scala Programming Language      2018-06-17 10:20:58  詳細
I’ve always been convinced that the choice of an editor, IDE or build tool is personal and, therefore, asking you to go out of your way to learn a new tool to write Scala is not a viable solution. First, because changing people’s habits is difficult and takes time. Second, it frustrates beginners...
https://www.scala-lang.org/blog/2018/06/15/bsp.html
自作ScalaライブラリをMaven Centralにリリースする手順メモ - $shibayu36->blog;      2018-06-16 22:20:57  詳細
最近Scalaの勉強も兼ねてjoda-time-fakeというScalaライブラリをMaven Central Repositoryにリリースしてみた。今回はその手順を忘れないようにメモとして残しておく。 今回の手順でできたこと com.github.shibayu36 organizationにjoda-time-fakeとしてライブラリをリリースする Scalaの2.11と2.12でクロスコンパイルし...
https://blog.shibayu36.org/entry/2018/03/26/193000
ガイドと概要 | Scala Documentation      2018-06-14 21:20:44  詳細
ガイドと概要 コアライブラリ Scala コレクションライブラリ はじめに 可変コレクションおよび不変コレクション Traversable トレイト Iterable トレイト 列トレイト Seq、IndexedSeq、および LinearSeq 集合 マップ 具象不変コレクションクラス 具象可変コレクションクラス 配列 文字列 性能特性 等価性 ビュー イテレ...
https://docs.scala-lang.org/ja/overviews/
コスパのよいScala開発マシンを求めて - ChatWork Creator's Note      2018-06-14 17:20:42  詳細
ごきげんよう、かとじゅんです。 某社のiMac Pro 138台導入の件はブルジョア感がハンパないですね…。それとは少し違う方向性で、Scalaのビルド効率化をテーマとして、今回は最新のパーツで自作マシン(OSはUbuntu)を組んでみました。そのマシンとMacとでコスパ比較してみたのでレポートします。 ハードウェア構成 ハード...
http://creators-note.chatwork.com/entry/2018/06/14/105623
第三回 Google Cloud INSIDEにて登壇してきました。 - Fringeneer's Tech blog      2018-06-14 12:40:04  詳細
豊島です。 2/28に開催された第三回 Google Cloud INSIDEに登壇してきました。 テーマは 「GCP x マイクロサービス x アプリ開発の裏側」というものです。 今回は私達が開発しているUniposというサービスの開発の裏側についてお話させていただきました。 GCPを本格採用して遭遇した課題のうちマイクロサービス的なものを...
https://www.fringeneer-blog.com/entry/2018/03/02/100938