ScalaMatsuri 2018トレーニングデイの感想。またはチュートリアルがひどかった件 - うさぎ組      2018-04-13 14:21:12  詳細
2018 - 04 - 13 ScalaMatsuri 2018トレーニングデイの感想。またはチュートリアルがひどかった件 ScalaMatsuri2018という Scala 言語のカンファレンスに参加してきました。といっても3日間のうちの1日目(というか0日目みたいな位置づけ)のトレーニングデイというものだけですが。 最近 Scala を使っているし、 Scala ユーザーにいくつか聞けたらなぁ...
http://kyon-mm.hatenablog.com/entry/2018/04/13/074023
Scalalr // Speaker Deck      2018-04-01 20:20:56  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/phenan/scalalr
Sangria + Akka HTTPでGraphQL 入門編 | Developers.IO      2018-04-01 00:40:02  詳細
こんにちは、かたいなかです。 最近では、GitHubのAPIがGraphQLに対応してしばらくたち、また、先日からAWSのAppSyncもパブリックプレビューとして提供されており、世の中のGraphQLへの熱がだんだんと高まってきているのを感じます。 そこで今回から数回に渡って、ScalaのGraphQL実装であるSangriaというライブラリを使用してGraphQLのAPIを実装する方法を紹介し...
https://dev.classmethod.jp/server-side/scala/sangria-akka-http-1/
自作ScalaライブラリをMaven Centralにリリースする手順メモ - $shibayu36->blog;      2018-03-27 12:40:20  詳細
2018 - 03 - 26 自作ScalaライブラリをMaven Centralにリリースする手順メモ tech scala 最近 Scala の勉強も兼ねて joda-time-fake という Scala ライブラリを Maven Central Repositoryにリリースしてみた。今回はその手順を忘れないようにメモとして残しておく。 今回の手順でできたこと com.github.shi...
http://blog.shibayu36.org/entry/2018/03/26/193000
purely_functional_play_framework_application      2018-03-27 00:40:20  詳細
purely_functional_play_framework_application 1. Purely Functional Play Framework Application 2018/03/17 ScalaMatsuri 2018 Naoki Aoyama 2. whoami Naoki Aoyama Twitter: @AoiroAoino GitHub: @aoiroaoino W...
https://www.slideshare.net/AoiroAoino/purelyfunctionalplayframeworkapplication
Akkaで分散システム入門      2018-03-23 10:40:06  詳細
Akkaで分散システム入門 1. Akkaで分散システム入門 大村伸吾 2018/03/16 ScalaMatsuri 2018 Training Day http://2018.scalamatsuri.org/ 2. 今日の流れ ● 分散システムとはなにか ● 分散システムをなぜつくるのか ● 分散システムの難しさ ● Akkaの分散システム構築のためのモジュール群 ● おすすめの ○ Sca...
https://www.slideshare.net/ShingoOmura/akka-90877261
ScalaMatsuri2018資料まとめ+年収アンケートの結果 - Qiita      2018-03-22 10:40:30  詳細
2年連続ScalaMatsuri2018に自費で参加して、今年は最終日に飛び入りスタッフとしてお手伝いしてきました。 あとで資料を見返したいので、以下資料をまとめました。 随時資料が公開されればリンクを追加していきます。 リンク漏れがありましたら、追加しますので編集リクエストください。 以下、スライドまとめです。 資料リンク 名前 Twitterアカウント コード
https://qiita.com/applideveloper/items/e8c18bcec6e570c20d60
続・Dottyによる変更点 - 水底      2018-03-20 13:40:12  詳細
2018 - 03 - 17 続・Dottyによる変更点 scala 以前以下のようなDottyに関する記事を書きました. amaya382.hatenablog.jp それから暫く経ち, 多くの更新が入ったため新しくまとめました. 公式ドキュメント だけでなくあちこちにちらばった情報を集めています. 過去記事と同じくあくまで真新しい機能のみに注目し, 理論的な部分や実装については深掘りしません....
https://amaya382.hatenablog.jp/entry/2018/03/17/174746
Implicit 入門      2018-03-19 11:21:10  詳細
class: center, middle # Implicit 入門 Scala Matsuri 2018 03/16 --- class: left, middle ## 自己紹介 * 中村 学(Nakamura Manabu) * [@gakuzzzz](https://twitter.com/gakuzzzz) * Tech to Value 代表取締役 * Opt Technologie...
http://gakuzzzz.github.io/slides/implicit_introduction/#1
Introduction to the practice Reactive-DDD // Speaker Deck      2018-03-19 00:21:01  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/j5ik2o/introduction-to-the-practice-reactive-ddd
ScalaMatsuri2018 1日目 参加レポート | Developers.IO      2018-03-18 21:21:05  詳細
こんにちは、かたいなかです。 ScalaMatsuriが東京国際交流館のプラザ平成を会場に、2018年3月16日(金)(Training Day)、3月17日(土)、3月18日(日)の3日間にわたって行われています。 今回は、3月17日(土)の1日目に参加してきましたので、参加したセッションについてレポートします 「Composabilityはなぜ重要か」 中村学(がくぞ)さん @gakuzzzz...
https://dev.classmethod.jp/server-side/scala/scalamatsuri-2018-day1-report/
Scala入門本を書きました - 水底      2018-03-18 19:40:06  詳細
2018 - 02 - 16 Scala入門本を書きました Scala の入門本がないない言われ続け早n年. この度「 Scalaをはじめよう―マルチパラダイム言語への招待― 」という Scala の入門向けの本を書きました. 2/16に発刊となりました. 最初は「 Scala Tour 」という同人誌として執筆し, α版をC92, 正式版を技術書典3にて頒布していたのですが, 技術書典3で頒布し...
https://amaya382.hatenablog.jp/entry/2018/02/16/194509
ScalaコンパイラやsbtとJava 9の対応表 - xuwei-k's blog      2018-03-18 14:21:05  詳細
2018 - 01 - 20 ScalaコンパイラやsbtとJava 9の対応表 java sbt scala java9 playframework Java 9が広まってきて、しかし多少古い Scala やsbtのままやろうとしてハマっている人を見かけることが多くなってきたので、簡単にまとめておきます。 Java 9 で動く Scala (の コンパイラ やREPL) 2.9系以前は不可能 2...
https://xuwei-k.hatenablog.com/entry/2018/01/20/203548
Legacy code from day one      2018-03-18 03:40:06  詳細
Jakub Kozłowski - Scala Developer, Scalac Scala Matsuri | March 17, 2018 | Tokyo, Japan 1日目からレガシー化 Disclaimers Only a handful of ideas for messing up a project No offence meant for anybody Some over-e...
https://kubukoz.github.io/legacy-day1/#/
Haskell + Scala ハイブリッド開発大作戦 #ScalaMatsuri / Operation Haskell + Scala // Speaker Deck      2018-03-18 01:21:02  詳細
Haskell + Scala ハイブリッド開発大作戦 #ScalaMatsuri / Operation Haskell + Scala ScalaMatsuri 2018 で使用したスライドです。Typelead 社によって開発中の JVM 用 Haskell である Eta 言語について、Java/Scala との相互呼び出しに焦点を当てて解説しています。また後半では Scala プロジェク...
https://speakerdeck.com/ytaka23/operation-haskell-plus-scala
データサイエンティスト&機械学習(人工知能)エンジニアのスキル要件と、過熱する人工知能ブームが生み出す狂騒曲と(2018年2月版) - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ      2018-03-14 16:21:02  詳細
2018 - 02 - 07 データサイエンティスト&機械学習(人工知能)エンジニアのスキル要件と、過熱する人工知能ブームが生み出す狂騒曲と(2018年2月版) 人材 データ分析 データサイエンティスト 統計学 機械学習 (Image by Pixaby ) この記事は去年 はてブ 1100以上ついてしまった与太記事の続編です。その時はタイトルを読んで字の如く「データサイエンティスト」と「 機械学...
https://tjo.hatenablog.com/entry/2018/02/07/190000
Scalaコミュニティ発展の立役者・麻植泰輔がVPoEに就任。CTOとの二頭体制となるエフ・コード開発組織の展望とは? | 株式会社エフ・コード      2018-03-13 22:20:51  詳細
今回の記事は、2018年2月よりエフ・コードVPoE(Vice President of Engineering)に就任した麻植泰輔(おえ・たいすけ、 @OE_uia )のインタビューです。麻植は一人のエンジニアとしての活躍はもちろんのこと、プログラミング言語「Scala」日本最大級のカンファレンス「 ScalaMatsuri 」の座長として、日本・世界におけるScalaの発展のため尽力し続けてい...
https://www.wantedly.com/companies/f-code/post_articles/111487
Scalaメタプログラミング今昔物語 - 本編 - ぼくたち宇宙人      2018-03-07 16:40:50  詳細
2017 - 12 - 23 Scalaメタプログラミング今昔物語 - 本編 今日が 天皇誕生日 なのも来年までということになりましたが、これは scala advent calendar 2017 の23日目の記事です。昨日は nobkz さんのScalaJSの話、明日は moc-yuto さんのAkkaStreamの話です。 さて、この記事では、 scala の メタプログラミング 機能につい...
https://itakeshi.hatenablog.com/entry/2017/12/23/002550
gRPCのサーバ/クライアントをScalaで実装する - Qiita      2018-03-06 00:40:45  詳細
この記事はなに? ScalaでgRPCなアプリケーションを作るためのやりかた。 具体的には4つの通信方式、 unary server straming client streaming bidirectional streaming それぞれについてサーバ/クライアントをScalaで実装する。 参考 gRPC | ScalaでのProtocol Buffer scalaでgRPCする - Qiit...
https://qiita.com/petitviolet/items/a82c446edbd81c884246
第三回 Google Cloud INSIDEにて登壇してきました。 - Fringeneer's Tech blog      2018-03-02 12:21:12  詳細
2018 - 03 - 02 第三回 Google Cloud INSIDEにて登壇してきました。 豊島です。 2/28に開催された第三回 Google Cloud INSIDEに登壇してきました。 テーマは 「 GCP x マイクロサービス x アプリ開発 の裏側」というものです。 今回は私達が開発しているUniposというサービスの開発の裏側についてお話させていただきました。 GCP を本格採...
http://fringeneer.hatenablog.com/entry/2018/03/02/100938