Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ      2019-10-16 12:20:08  詳細
ヌーラボの江口です。約8年間Backlogの開発を担当しており、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトには最初から最後まで関わりました(プロジェクトの概要は時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話をご覧ください)。 本記事では、BacklogのScala / Play ...
https://backlog.com/ja/blog/how-to-improve-backlog-code-maintainability/
開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ "7つの取り組みと反省"【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ      2019-10-10 13:40:02  詳細
ヌーラボの松本です。「Backlog Playプロジェクト」に2017年2月から途中参加し、プロジェクト解散の2019年7月までメンバーの一員として動いていました(プロジェクトの概要は 時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話をご覧ください)。 このBacklog Playプロジェクト(以下、Play化...
https://backlog.com/ja/blog/7-actions-and-reflections-that-the-backlog-play-team-worked-to-make-large-scale-replacement-successful/
Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から寄贈されました - ScalaMatsuri運営ブログ      2019-10-01 17:40:06  詳細
まえおき こんにちは。Japan Scala Association (JSA)の水島(みずしま)です。 今回は、Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から、一般社団法人Japan Scala Associationに寄贈されたことを報告したいと思います。 Scala研修テキストとは Scala研修テキストは、私が前職のときに、当時の同僚とともに作り上げた、新卒...
https://blog.scalamatsuri.org/entry/2019/10/01/163533
Scala ZIOをバッチ処理で使ってみた - ログミーTech      2019-10-01 17:40:05  詳細
2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に開催されている本勉強会。今回は6名のエンジニアが、関数型プログラミング言語にまつわるユニークな発表を行いました...
https://logmi.jp/tech/articles/321959
ScalaのコンパイラにFizzBuzz問題を解いてもらう - ログミーTech      2019-09-30 15:40:05  詳細
2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に開催されている本勉強会。今回は6名のエンジニアが、関数型プログラミング言語にまつわるユニークな発表を行いました...
https://logmi.jp/tech/articles/321952
Introduction to Scala 3 - Opt Technologies Magazine      2019-09-30 13:40:07  詳細
先日のScala Days 2019の基調講演などでも触れられた通り、いよいよDottyあらためScala 3のリリースが近づいて来ました。既にScala 3の仕様のかなりの部分は、Dottyとしてユーザが利用できる状態になっています。この記事では、Scala Daysでの講演スライドおよびDottyに関する各種資料を元に、Scala 3の新機能や変更点に...
https://tech-magazine.opt.ne.jp/entry/2019/09/27/132400
Scala Days 2019 に参加しました - Hatena Developer Blog      2019-09-20 12:40:44  詳細
アプリケーションエンジニアの id:tanishiking24 です。 報告が遅くなってしまいましたが、2019年6月11日から2019年6月13日にかけてスイスのローザンヌで開催された、世界最大規模のScalaのカンファレンスである Scala Days 2019 に参加してきました。 この記事では写真を多めに会場の雰囲気や、Scalaコミュニティ最前線...
https://developer.hatenastaff.com/entry/2019/09/20/112104
面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう - Google スライド      2019-09-17 19:40:03  詳細
面倒なことは Scalaスクリプトにやらせよう 2019/09/16 Scala秋祭り Takumi Kadowaki @blac_k_ey
https://docs.google.com/presentation/d/1etVWW6wAetMFryhq_AhDChzWBR41VEZ5mERVp7HjZ7M/edit
Gentle Introduction to DOT calculus      2019-09-14 21:40:02  詳細
Gentle Introduction to DOT calculus
https://kmizu.github.io/ScalaMatsuri2019/
プログラミング言語プロレス / Simple VS Easy - Speaker Deck      2019-09-09 14:40:02  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/pictiny/simple-vs-easy
DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料 - Qiita      2019-09-07 19:40:02  詳細
昨日、2019年9月5日に 「DDD Talk MeetUp #2」というイベントを開催しました。 その名の通り、DDDに関してトークしようぜ? というイベントで、当日は大盛況でした! DDDトークもさることながら、イベント内の8本のLTがとても有益だったので資料をここにまとめておきます。 ところで、参加された方はぜひともアンケート...
https://qiita.com/mohira/items/c0acd2b4763ded658eae
コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より      2019-09-07 00:40:41  詳細
原文(投稿日:2019/06/26)へのリンク コンテキスト境界(bounded context)とは、特定の用語や定義、規則が一貫した方法で適用されるソフトウェアの定義部分である — Eric Evans氏は今年初め、DDD Europeで行った基調講演で、このように解説した。正当なコンテキストには、洗練されたモデルと表現力のあるユビキタスな言語...
https://www.infoq.com/jp/news/2019/09/bounded-context-eric-evans/
「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog      2019-09-06 11:40:40  詳細
はじめに こんにちは、19新卒バックエンドエンジニアの飛田です。 弊社では、プロダクトの一部にCatsという関数型プログラミングを行うためのライブラリを導入しており、今後、Catsをより多くのプロダクトに使用していく予定です。 Catsにはモナドやファンクタという概念が登場しますが、これらの概念は圏論に由来してい...
https://developers.microad.co.jp/entry/2019/09/06/060000
10年モノのサービスをアーキテクチャから再設計─はてなブックマークがScalaとDDDを使う理由 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!      2019-09-05 11:40:02  詳細
改善1つに数カ月かかるなら全てを書き換えられないか 2000年代にトレンドだった開発手法の負債 過去の開発意図を探る考古学的手法 データセンター移行も見据えて刷新しよう ドメインモデル設計とScalaとマイクロサービス化 コアロジックにはScalaを採用 きちんとしたドメインモデルによる設計と実装を継続したい 段階的...
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2019/09/05/103000
GitHub - topshell-language/topshell: TopShell - a purely functional, reactive scripting language      2019-09-02 19:40:02  詳細
Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 40 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up
https://github.com/topshell-language/topshell
ScalaはKotlinの親 - Qiita      2019-08-30 13:40:05  詳細
はじめに ここ数年で、Kotlinは急速な勢いで台頭してきており、Androidでは(おそらく)既に支配的な言語になっているかと思います。サーバーサイドKotlinはまだまだこれからというところがあるように感じますが、今後の発展次第でシェアを伸ばす可能性が高いでしょう。この記事では、そんなKotlinとScalaの関係について...
https://qiita.com/kmizu/items/572b5282f73b082fa70e