dead code following this construct ...という警告 - MicroAd Developers Blog      2019-04-19 19:40:02  詳細
マイクロアドのサーバサイドエンジニアの松宮です。本日はある日の社内日報を焼き直して、外部公開することにしました。 ・・・ ある晴れた日のこと。Specs2でテストを書いていて、下記のようなコードをコンパイルをすると警告が出ることに気が付いた。 ... val hoge = mock[Hoge] hoge.apply(any()) returns fuga ... ...
https://developers.microad.co.jp/entry/2019/04/19/174500
Scalaで関数脳を身につけた俺が仕方なくKotlinに手を出す - plasmic      2019-03-22 17:40:03  詳細
はじめに 仕事のメイン言語は長らくJavaだが、Scalaを趣味プロダクトのメイン言語としてずっと使ってきた。 Haskellも齧った自分は関数型脳をそれなりに身に着けているという自負がある。モナドも道具として使えている。 時に、西暦2018年。新規プロジェクトの機運高まり、言語選定にてScalaを推すも、思いもよらなかっ...
https://plasmic.space/tech/2018/10/getting_started_kotlin_against_my_will/
Spring BootとPlay Framework、どっちがどう良いの? 専門家が5つの視点で徹底解説 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!      2019-03-15 18:40:03  詳細
【比較ポイント①】設計思想や登場してきた歴史的背景 【比較ポイント②】得意分野や利用されている領域 【比較ポイント③】各コンポーネントの実装スタイル 【比較ポイント④】データベース接続まわり 【比較ポイント⑤】今後のリリース展開について 関連記事 Webアプリケーション開発において、フレームワークは欠かせない...
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2019/03/15/103000
Quarkusリリース - 赤帽エンジニアブログ      2019-03-14 22:40:04  詳細
Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。3年前くらいまでJBoss Middlewareを主に担当していたので久しぶりなサーバサイドJavaネタとなるのですが、QuarkusというKubernetesネイティブJavaアプリケーションフレームワークをリリースしました。 quarkus.io 読み方は「くぉーかす」です。キャッチコピーがSup...
https://rheb.hatenablog.com/entry/quarkus
Scala + logstash-logback-encoder でJSONログを出力しよう! - Septeni Engineer's Blog      2019-03-07 21:40:02  詳細
こんにちは、門脇(@blac_k_ey)です。 Tetris99に進捗を奪われるのが趣味です。 … 最近、アプリケーションログ周りを整えるお仕事をしておりまして、 その中で logstash-logback-encoder というライブラリを触りました。 使い心地がとても良かったので、今回はScalaアプリケーションでこれを利用する方法をご紹介したいと...
http://labs.septeni.co.jp/entry/2019/03/07/120000
「例外を投げない」という選択肢をとる言語 - Qiita      2019-03-07 15:40:02  詳細
新しめの言語では例外を投げることを推奨しない言語が出てきているように思えるが、そうした言語が例外をどう考え、例外の代わりにどのようなアプローチを奨励しているかを調べてみた。 本稿での「例外」とは、Javaのthrow構文のようにスコープを脱出してcatchされるまでエスカレートされる「投げる例外」のことを指し、...
https://qiita.com/suin/items/bf67ceaba72a9cdcb1ac
Aecor による純粋関数型イベントソーシング - Qiita      2019-03-06 13:40:02  詳細
Aecor という純粋関数型 Event Sourcing ライブラリをざっくり紹介したい。 概要 Aecor は Denis Mikhaylov というロシアの技術者が開発した、Scala の純粋関数型イベントソーシングライブラリ。 ラテン語で海の意味で、あえて五十音で近似すると、ラテン語読みだとアエコル、英語読みだとエイカーみたいな感じ。 純粋関...
https://qiita.com/yasuabe2613/items/9cc09fe1d7ff172976fa
Speedy Scala Builds with Bazel at Databricks - The Databricks Blog      2019-03-01 15:40:02  詳細
Unified Analytics is a new category of solutions that unify data processing with AI technologies, making AI much more achievable for enterprise(...)
https://databricks.com/blog/2019/02/27/speedy-scala-builds-with-bazel-at-databricks.html
Freer doesn’t come for free – barely-functional – Medium      2019-02-22 20:40:02  詳細
The question on how to best structure functional programming applications in either Haskell or Scala is still out with various ways to achieve modularity, encapsulation and testability. In the past I have been an advocate of the `Eff` monad, based on Oleg Kiselyov’s work on “Freer monads, more ex...
https://medium.com/barely-functional/freer-doesnt-come-for-free-c9fade793501
Akka Streamsで例外を扱う時の注意 - MicroAd Developers Blog      2019-02-22 19:40:02  詳細
マイクロアドのサーバサイドエンジニアの松宮です。本日は技術Tips記事ということで、Akka Streamsで例外を扱う時の注意点についてのお話です。 Akka Streamsはフローを分岐した複雑なグラフを作る事が簡単に出来ます。また、例外についても捕捉する手段はいくつか用意されており、エラーにも柔軟な対応が出来ます。しか...
https://developers.microad.co.jp/entry/2019/02/22/180021
M3 DigiKar Rails5への道 - エムスリーテックブログ      2019-02-20 09:40:02  詳細
エンジニアリンググループの@suusan2goです。現在は所属としてはAIチームで、機械学習以外のことを色々やっています。が、諸事情により少し暇になったので、弊社のクラウド電子カルテ「M3 DigiKar」チームに入ってRailsアップグレードをやっています。 今回の記事ではM3 DigiKar(以下デジカル)のRailsアップグレード(4.2...
https://www.m3tech.blog/entry/2019/02/19/110000
Spark Streaming と Kryo シリアライザーの話 - MicroAd Developers Blog      2019-02-08 17:40:06  詳細
マイクロアドでアプリケーションエンジニアをしている「G」です。日々、バッチを作ったり WEB アプリケーションを作ったりしています。 今回はライトに Spark Streaming でカスタム Kryo (クライオ)シリアライザーが必要になってしまったお話を書いていきたいと思います。 Spark Streaming とは Spark Streaming とは ...
https://developers.microad.co.jp/entry/2019/02/08/161307
リクルートマーケティングパートナーズに入社しました - xuwei-k's blog      2019-02-04 11:40:06  詳細
前回↓ "2月になったくらいのタイミングでまた別途書きます" と言っていたやつです。 xuwei-k.hatenablog.com 今日、2019年2月1日が初出社でした。 Scalaをやってる企業としての知名度だと、おそらく前職に比べたらそこまで有名ではないかもしれませんが、それなりにやってるらしいです。 もちろん(?)、全部の部署がScala...
https://xuwei-k.hatenablog.com/entry/2019/02/01/223856
Scala福岡2019 に行ってきました! - Qiita      2019-01-22 12:40:05  詳細
2019/1/19 に LINE Fukuoka さんで開催された Scala福岡2019 に参加してきました! 2019/01/19(土)11:00- LINE Fukuoka https://scala-fukuoka.org オープニング 初参加者けっこう多い。 九州外からの参加者も多い。 福岡ではScalaエンジニアがまだ少ないが、CfPには多数応募があった。 基調講演 - いつScalaを使い、...
https://qiita.com/crossroad0201/items/299894b1d2569be4ba76
実践 Clean Architecture - Speaker Deck      2019-01-21 20:40:06  詳細
All slide content and descriptions are owned by their creators.
https://speakerdeck.com/yoshiyoshifujii/shi-jian-clean-architecture
FOLIOからfreeeに転職します - itohiro73’s blog      2019-01-21 15:40:05  詳細
2019年1月20日付で株式会社FOLIOを退職し、2019年1月21日付で株式会社freeeに入社します。 FOLIOで何をしてきたか FOLIOでは2017年4月にテックリードとしてジョインし、その後Head of Engineeringへと名称が変わり、その後病気による休職を経て復職し、シニアソリューションアーキテクトとして働いてきました。 たった1...
http://itohiro73.hatenablog.com/entry/2019/01/21/081100
GitHub - 5000164/hatena-bookmark-filter: はてなブックマークの RSS で配信された記事をスター数で絞り込んで Slack に投稿する      2019-01-20 09:40:10  詳細
Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 28 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up
https://github.com/5000164/hatena-bookmark-filter
Scalaコードとともに考えるドメインモデリング - Speaker Deck      2019-01-19 18:40:05  詳細
DDDコミュニティでは、なぜドメイン駆動設計をやるのかという必要性の議論ではなく、何をどのように実践するのかという議題に変わっています。Scalaコミュニティにおいても、DDDの実践方法に強い関心があることはいうまでもありません。 長大な設計哲学を説くDDDは、読み難く理解し難い、実践までの道のりが遠いという定...
https://speakerdeck.com/j5ik2o/scalakodototomonikao-erudomeinmoderingu
「実践Scala入門」読んだ - $shibayu36->blog;      2019-01-18 17:40:05  詳細
実践Scala入門 作者: 瀬良和弘,水島宏太,河内崇,麻植泰輔,青山直紀出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2018/10/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 読んだ。この本は「コンパクトなコップ本」を目指したと最初に書かれているとおり、この本を読めばひとまずScalaを書けるようになるなと思っ...
https://blog.shibayu36.org/entry/2019/01/17/190000
イマドキと言われる言語機能について | κeenのHappy Hacκing Blog      2019-01-14 14:20:14  詳細
産業界で比較的最近導入されるようになった言語や言語機能は学術界では古くから研究されていたものも多くあるようです。 例えばRustやScalaにあるトレイト、Swiftにあるプロトコル、Goのgoroutineやチャネルなどは遡ると1970年代、80年代頃に提案された機能にあたります。 本発表では産業界でイマドキと言われる言語機能...
https://keens.github.io/slide/imadokitoiwarerugengokinounitsuite/