OpenCVの基礎      2017-11-17 01:21:10  詳細
OpenCVの基礎 1. OpenCV の基礎 <ul><li>和泉田 領一 </li></ul><ul><li>@rizumita </li></ul> 2. 自己紹介 <ul><li>安曇野市在住 </li></ul><ul><li>フリーで iOS アプリの開発 </li></ul><ul><li>Twitter: @rizumita </li></ul><ul><li>ブログ : http...
https://www.slideshare.net/r.izumita/opencv
Augmented reality with Python and OpenCV (part 1) | Bites of code      2017-11-17 01:21:08  詳細
You may (or may not) have heard of or seen the augmented reality Invizimals video game or the Topps 3D  baseball cards. The main idea is to render in the screen of a tablet, PC or smartphone a 3D mode...
https://bitesofcode.wordpress.com/2017/09/12/augmented-reality-with-python-and-opencv-part-1/
How Discord Resizes 150 Million Images Every Day with Go and C++      2017-11-15 11:20:58  詳細
How Discord Resizes 150 Million Images Every Day with Go and C++ Despite being a voice and text chat app, Discord sees over a hundred million images passing through its tubes every day. While we wish ...
https://blog.discordapp.com/how-discord-resizes-150-million-images-every-day-with-go-and-c-c9e98731c65d
顔認証の基本である顔認識をOpenCVを使って簡単に実装! - Aidemy Tech Blog      2017-11-15 09:21:01  詳細
2017 - 10 - 13 顔認証の基本である顔認識をOpenCVを使って簡単に実装! こんにちは! 研修中のヒロです! 機械学習という分野を未経験から学んでいる最中なのですが 最近よく耳にする顔認証も機械学習による技術になります!   「iPhone X」採用の顔認証「FaceID」 Appleが発表した新型iphone Xも従来の 指紋認証システム 「Touch ID」に代わり、新たな顔認証...
http://blog.aidemy.net/entry/2017/10/13/130706
深層学習で麻雀の点数を自動計算してみた! - Platinum Data Blog by BrainPad      2017-11-09 11:21:05  詳細
2017 - 11 - 07 深層学習で麻雀の点数を自動計算してみた! 分析エントリー OpenCVを用いた「テンプレートマッチング」と、DeepLearningの物体検出アルゴリズムの一つ「SSD」使って、筆者が大好きな麻雀の牌を検出し点数を自動計算できるか試してみました! こんにちは。アナリティクスサービス部の栗原です。 今回のブログは、筆者の大好きな麻雀をテーマに取り上げ、 1.物体検出に関...
http://blog.brainpad.co.jp/entry/2017/11/07/140000
OpenCV 3.0で人物追跡したい! - のどあめ      2017-11-09 07:20:57  詳細
2015 - 08 - 29 OpenCV 3.0で人物追跡したい! 最近社内でライトニングトークなるものがありました。 そのうち画像を使う機会がありそうで復習したかった半分、 OpenCV3.0使ってみたかった半分で単カメラの人物追跡をテーマに軽く解説をしてきました。 研究室時代ではいろんな論文の実装を組み込んで何とか実装していた単カメラ人物追跡ですが、 OpenCV3.0を使えば、100行くら...
http://ykicisk.hatenablog.com/entry/2015/08/29/131356
AVFoundation+OpenCVで矩形検出(「名刺撮影用カメラ」みたいなやつ作ってみました) | Developers.IO      2017-10-31 14:20:43  詳細
1 はじめに AVFoundation で、 AVCaptureVideoDataOutput を出力に指定すると、毎秒30フレームほどの画像が取得できます。 この画像から矩形を検出し、元の長方形に整形する「名刺撮影用のカメラ」みたいなものを作ってみました。 人が、画像から名刺の位置を識別するのは簡単ですが、プログラムでやるとなると、やはり少し色々な工夫が必要でした。 本記事では、その辺を紹介させ...
https://dev.classmethod.jp/smartphone/avfoundation-opencv-findcontours/
Python版OpenCV入門 サンプル集      2017-10-13 22:20:38  詳細
この記事では、Python+OpenCVで画像処理プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説します。 Pythonとは Pythonは欧米で人気なスクリプト言語です。 初心者にも扱いやすい言語で短くて読みやすいコードを書くことが出来ます。 数値計算や最近流行りの機械学習、画像処理にも強いという特徴があります。 今回は、PythonとOpenCVを用いた画像処理プログラミングについ...
https://algorithm.joho.info/programming/python/opencv-sample-code-py/
割と簡単に顔画像を集める方法 - Qiita      2017-10-13 00:20:40  詳細
背景 機械学習用の顔画像を集めている時に「このワザだけでも1本の記事として成り立つんじゃね?」と思ったのでご紹介。 特定の人の顔画像を集める 機械学習の初歩でやりがちなことのひとつに、特定の人であるかどうかを判定させるみたいなものがあります。 そのためには、教師データとしてその特定の人の画像をたくさん集めたくなります。 検索して出てくるサイトの多くではクローラーでかきあつめたりするものが多いようで...
https://qiita.com/zurustar/items/addcda125e81d76f8d32
PythonとOpenCVを使って物体検出をやってみた - Qiita      2017-10-12 07:20:24  詳細
はじめに こちらで顔の検出と抽出を行いましたが、あまり何も考えることなくコピペで実現できたのと、 今度は顔以外の物体の検出をやってみたくなったので、色々知識がないながらも見よう見まねで作ってみました。 TensorFlowを使ってDir en greyの顔分類器を作ってみた - ④顔抽出編 参考 opencv チュートリアル チャレンジ9 OpenCVにおける輪郭(領域) 環境 こちらをご覧くださ...
https://qiita.com/neriai/items/448a36992e308f4cabe2
Webカメラを使ってリアルタイムに顔検出してみる - Qiita      2017-10-12 06:20:22  詳細
はじめに Raspberry PIにmotionというソフトウェアをインストールして監視カメラとして使用し、映った人が誰かを識別するという取り組みをしているのですが、保存された静止画を使って識別するだけなので、少々物足りない感じがしているこの頃。 せっかくなので、動画をリアルタイムで処理して何かできないかと思って情報収集していたら、関係ありそうな記事があったので参考にしながらリアルタイムに顔検出す...
https://qiita.com/mix_dvd/items/98feedc8c98bc7790b30
画像の特徴点を抽出する - Qiita      2017-10-11 21:20:27  詳細
いろいろな画像を見比べて、「あの画像に写ってるのアレは、この画像に写ってるコレと同じかな?」なんてことを、機械的にやるとしたら、という話。 OpenCVに頼る 難しいことは考えないで、OpenCVに頼る。自分で考えるよりも、世界中の賢い人々が考えてくれた成果物を利用するべきなのだ。 というわけで、早速、 OpenCV: Feature Detection and Description を参照して...
https://qiita.com/fukuit/items/546f19d2abf98eccd3e7
OpenCVを組み込んだiOSアプリが“Missing Info.plist key”を理由にAppStore審査不合格 - Qiita      2017-10-11 13:20:29  詳細
不合格理由 アプリがカメラ機能を使用するにもかかわらず xxx-Info.plist にカメラ機能を使用する理由の記載(NSCameraUsageDescription)がない。 カメラ機能を明示的には使用していないケースであっても、OpenCV(opencv2.framework)を組み込むとカメラ機能を呼び出す(ことができる)バイナリ・オブジェクトがアプリに含まれてしまう。 フレームワーク(バ...
https://qiita.com/chihayafuru/items/f65e672a56c53c19bf97
Raspberry Pi サーボモーターとOpen CVで物体追跡カメラ(Meanshift) - Qiita      2017-10-10 16:20:35  詳細
物体追跡カメラをRaspberryPiで作ってみました。Python3系で動きます。指定した枠内に最初に映ったものを追尾します。「青りんご」で試してみます。 こんな感じです。ちょっと小動物みたいで可愛いですね。 環境 Raspberry Pi3 (RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL 4.4 / Python 3.4.2) LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C2...
https://qiita.com/PonDad/items/4d50ea908a0fc75f4cea
Webカメラで撮った画像中の数字を判別する - Qiita      2017-10-10 16:20:34  詳細
ディープラーニング入門でMNISTを使った例をやった後、なにか応用的なことをやってみたいけど良い例が思いつかないという方はいるんじゃないでしょうか。 今回はそういった方の手助けになればと思い、Webカメラに映った数字を判別するものをつくってみようと思います。 ※chainerでMLPくらいは試したことがある方を想定しており、本記事ではそのモデル部分や学習のさせ方などについては触れません。 Webカ...
https://qiita.com/EN-0/items/784b919ea0c090871a08
Expressを使うテンプレ覚書(最後にSocket.IO用のカスタマイズ一例を置いておく) - Qiita      2017-10-10 16:20:33  詳細
1、モジュールの読み込み(必要な材料を揃える) ・node_moduleの読み込み ・routesフォルダにあるオリジナルjsファイル(モジュール)の読み込み ・自分で入れたjsファイル(モジュール)の読み込み 2、Expressインスタンスの作成。個人的に「モジュールはここまでだよ」という目印にしている。ここからExpressインスタンスを加工していく。(調理スタート) 3、レンダラーエンジンの...
https://qiita.com/DialBird/items/4b35622d32d6eae2ebc4
openCVで物体認識 by traincascade - Qiita      2017-10-06 23:20:25  詳細
何をするか? こういうのやりたい。 すなわち、写真の中に検出したいものが写っていたら、その座標を特定する。 どうやってやるか? openCVで、HOG特徴量(輝度の勾配で作る特徴量)やHaar-Like特徴量(画像の明度で作る特徴量)と正解ラベルを用いて、複数の弱学習器を作って、boostingして判別。 openCVは、pyenvでanacondaインストールからの conda install ...
https://qiita.com/yshi12/items/ee2adc63378283e51458
機械学習のためのOpenCV入門 - Qiita      2017-10-03 23:20:54  詳細
機械学習を行うために、画像から特定の物体(領域)だけ切り出して認識したり学習データを作りたい、ということがよくあると思います。 本稿では非常に多くの機能を持つOpenCVの中から、そうした機械学習のために利用する機能にフォーカスしてその利用方法を紹介していきたいと思います。具体的には、下記のモジュールを中心に扱います。 CVPR 2015 Tutorials 基本的な切り出しの手順は以下のようにな...
https://qiita.com/icoxfog417/items/53e61496ad980c41a08e
3次元計測とフィルタリング      2017-10-03 16:20:38  詳細
3次元計測とフィルタリング 1. 3次元計測とフィルタリング 福嶋 慶繁 名古屋工業大学 http://fukushima.web.nitech.ac.jp/ 精密工学会 画像応用技術専門委員会 2017年度第3回研究会 2017/9/29 中央大学・後楽園キャンパス 2. 目的 近年登場した安価なデプスセンサの概要を紹介 マルチセンサ,デプスのノイズの解析,その精 度を改善するためのフィル...
https://www.slideshare.net/FukushimaNorishige/3-80315632