コンテナ時代のDevOps 〜Azure Web Apps for Containers + Docker + Jenkins + SeleniumでイマドキのCI/CDをやってみる [理論編]〜 – SIOS Tech. Lab      2018-09-24 20:40:03  詳細
こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。最近、「DevOps」という言葉をよく耳にすると思います。すでにこの言葉、バズワードと化しており、私もよくわからないで使っていることがありました。今回は、この「DevOps」というなんとなくフワッとしたものの正体を明らかにし、そして、Azure Web Apps for Contain...
https://tech-lab.sios.jp/archives/11254
コンテナは次世代サービスの主流になるか?      2018-09-24 16:40:02  詳細
コンテナは次世代サービスの主流になるか? 1. コンテナは 次世代サービス開発の 主流になるか? TECH×GAME COLLEGE プレゼンテーション資料 2018/9/12 さくらインターネット株式会社 さくらインターネット研究所 鷲北 賢 (C) Copyright 1996-2018 SAKURA Internet Inc 2. 自己紹介 • 鷲北 賢(わしきた けん) • 1998年...
https://www.slideshare.net/kenwashikita/ss-113975739
RaspberryPiにkubernetesをセットアップ      2018-09-24 11:20:05  詳細
Qiita内でも何件かRaspberryPiにkubernetesをセットアップする記事が上がっているので、簡単に行くものだと思っていたのですが、非常に苦労したので、備忘を含めて記録しておこうと思います。 前提 今回はRaspberry Pi 3B+に2018/06/27版のraspbian-strech-liteを使用しました。RaspberryPiのセットアップ手順は省略しま...
https://qiita.com/exyz_cbr/items/d94d42ffc404cd81a035
dockerで機械学習 anaconda編 直感Deep Learning第1章      2018-09-24 09:20:47  詳細
dockerを導入し、Windows, Macではdockerを起動しておいてください。 docker pull and run $ docker pull kaizenjapan/anaconda-keras $ docker run -it -p 8888:8888 -p 6006:6006 kaizenjapan/anaconda-keras /bin/bash それぞれの章のフォルダに移動。 (base) root@b789c278e622:/#は入力促進記号です。実際には表示...
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/483ae708c71c88419c32
GitHub - Algram/ytdl-webserver: 📻 Webserver for downloading youtube videos. Ready for docker.      2018-09-23 21:40:02  詳細
Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 28 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up
https://github.com/Algram/ytdl-webserver
build-local-environment-with-docker      2018-09-23 18:40:03  詳細
2ヶ月くらい前から、ローカル環境を Docker に移行しはじめました。 「MAMP PRO 5 で Craft 2 の動作環境を満たせなかったから」という、なんとも後ろ向きな理由がキッカケではありましたが、既存のローカル環境はもちろん新しい環境も簡単に用意できるようになり、結果的に効率化へと繋がりました。 macOS Mojave リリ...
https://bunlog.d-s-b.jp/build-local-environment-with-docker
いま話題のコンテナ技術とは?:新刊ピックアップ|技術評論社      2018-09-23 11:40:02  詳細
もはや定番のコンテナ アプリケーション開発,オペレーションの分野で話題のコンテナ技術。DockerやKubernetesの定番化を受けて,その人気はますます過熱しています。Amazon Web ServicesやGoogle Cloud Platformなど主要クラウドプラットフォームでもサポートが進み,実用例も増え続け,もはやアーリーアダプター向け技...
https://gihyo.jp/book/pickup/2018/0069
kubernetesをローカルの開発に活用する - Please Drive Faster      2018-09-22 14:40:03  詳細
できる限りproductionのクラスター設定をそのままローカルの開発にも使いたいなー、と思って色々と試行錯誤して、ようやく形になってきたので書いておく。 なぜローカルでkubernetesを動かしたいのか 最近ではInfrastructure as Code、Immutable Infrastructureの考え方と共に、コンテナの上でアプリケーションの環境の...
https://joe-re.hatenablog.com/entry/2018/09/22/003434
AmazonRDS(MySQL), ElastiCache(Redis)と互換性のある環境をKubernetesに構築      2018-09-22 09:20:06  詳細
CREATE DATABASE qicoo; USE qicoo; CREATE TABLE questions ( id varchar(37) PRIMARY KEY, event_id text, program_id text, username text, comment text, like_count int(10), created_at DATETIME NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP, update_at DATETIME NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_T...
https://qiita.com/sugimount/items/7b9125182099b33c7bcd
Google Cloud Next 2018 Day2 イベントレポート      2018-09-22 08:20:07  詳細
基調講演 googleとコンテナ kubernetesが提供するもの 負荷分散 オートスケーリング 継続的インテグレーション kubernetesでは解決できてない問題がある コンテナ同士の認証、通信がボトルネックになりやすい →Istioならその問題を解決できる Istioとは サービスの接続、モニタリング、保護を一貫した方法で行える仕組み...
https://qiita.com/kazuya_onuma/items/b70c3b92db00f031587c
Kubernetesのマネージドサービスはレッドオーシャンへ。NetAppがマルチクラウド対応「NetApp Kubernetes Service」発表。StackPointCloudを買収 - Publickey      2018-09-21 15:40:03  詳細
Kubernetesのマネージドサービスはレッドオーシャンへ。NetAppがマルチクラウド対応「NetApp Kubernetes Service」発表。StackPointCloudを買収 StackPointCloudが提供するサービス「Stackpoint.io」は、数クリックでAWSやAzure、Google Cloud PlatformなどへKubernetesやIstioを展開しマネージドサービスとして提供する...
https://www.publickey1.jp/blog/18/kubernetesnetappnetapp_kubernetes_servicestackpointcloud.html
builderscon tokyo 2018 できいたセッションの感想など #builderscon | バシャログ。      2018-09-20 23:40:06  詳細
先週末は[世界を変えた書物]展に出かけてきた kagata です。目の前に本があるのにページをめくって好きな箇所を読めない、というのはなかなかじれったいものですね。まあ本にさわれたところで、今度はラテン語やギリシャ語が読めない、という別の壁にぶつかってしまうのですが。 さて今回は、その前の週末に行ってきた...
http://bashalog.c-brains.jp/18/09/18-133000.php
ソフト開発への危機感が足りない、Jenkins開発者川口氏が警鐘(2ページ目) | 日経 xTECH(クロステック)      2018-09-20 16:40:02  詳細
具体的には、コンテナ管理ツール「Kubernetes」を利用する環境を前提とする。Jenkins XはKubernetes環境でビルド、テスト、サーバーへの展開、リリース準備を自動化する設定を済ませた状態で提供される。各段階で実施する作業の内容や順序はJenkins Xが指定する。「開発方法論をセットにしたツール」と川口氏は表現する...
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01027/?P=2
docker環境のWebサーバーでLet's Encryptを使う - アクトインディ開発者ブログ      2018-09-20 10:20:20  詳細
こんにちは!!こんにちは!! インフラエンジニアのyamamotoです。 Let's Encrypt、いつも活用させていただいております! ただ、証明書を取得するときにサーバー上でいろいろ作業をしなければなりません。さらにdocker環境上ではどうするんだ!?となるかと思います。 そこで、dockerコンテナでもLet's Encryptを簡単に使...
https://tech.actindi.net/2018/09/20/093414
Playing With Docker, MQTT, Grafana, InfluxDB, Python, and Arduino - DZone IoT      2018-09-20 08:40:02  詳細
I must admit that this post is just an excuse to play with Grafana and InfluxDB. InfluxDB is a cool database specifically designed to work with time series data. Grafana is one open source tool used for time series analytics. I want to build a simple prototype. The idea is: One Arduino device (ES...
https://dzone.com/articles/playing-with-docker-mqtt-grafana-influxdb-python-a
Docker を用いてソフトウェアをデプロイするとソフトウェアの品質が上がる - Diary      2018-09-19 15:40:02  詳細
Docker を用いてソフトウェアをデプロイするとソフトウェアの品質が上がる http://b.hatena.ne.jp/entry/bonotake.hatenablog.com/entry/2018/09/06/072800 ここをながめていて思ったことなんですが。 Docker はデプロイにのみ関連するツールであって、ソフトウェア開発の本質には一切関係ないものだ、という考えの人を...
https://diary.app.ssig33.com/388
複数ノードDockerでChainerMNを動かすためのTips - Stimulator      2018-09-19 12:40:03  詳細
- はじめに - ChainerMNがついに本家Chainerにマージされました。分散深層学習への本気度が伺えます。 github.com 節目という事で、Dockerを利用して複数ノードでChainerMNするために行った事のメモをTips形式で残しておこうという記事です。 私は半年くらい前からこの記事の内容を使っているのでアップデートがあるかも...
https://vaaaaaanquish.hatenablog.com/entry/2018/09/17/231640
機械学習チームにおけるエンジニアの道は2つある――クックパッドの伊藤敬彦氏が語る生存戦略【デブサミ2018 夏】 (1/2):CodeZine(コードジン)      2018-09-19 09:20:39  詳細
機械学習を利用したプロジェクトの運営や推進については、機械学習への理解の進んだ現時点でもさまざまな困難が伴います。「Developers Summit 2018 Summer」で行われたクックパッド株式会社 伊藤敬彦氏のセッションでは、機械学習プロジェクトにソフトウェアエンジニアリングを活用することで、その困難を低減・解消し...
https://codezine.jp/article/detail/11065
Raspberry Piでkubernetesクラスタを組んでみる①      2018-09-17 23:20:03  詳細
Raspberry PiへのOSのインストール 用意するもの RaspberryPi3 ModelB × 3 (RaspberryPi2でもいけるらしい) SDカード 16GB × 3(とにかく転送速度が速いものほどいい) USB電源(microUSBで給電できるAndroidスマホの充電器とかでもいけるよ。3つ必要) Raspberry Piに入れるOSイメージを用意する Raspberry Pi用のOS、R...
https://qiita.com/ta_yaboo/items/1c86d1f94d0ffa0d9bae