Alexaの知識がないところからスキルを作ってみた日記 その1 | Developers.IO      2018-01-20 01:20:29  詳細
はじめに モバイルアプリサービス部の中安です。 自分の手元に echo dot が届いてからというもの、すっかりラジオプレーヤーになり果てております(苦笑) でも、せっかくなので「カスタムスキルとやらを作ってみようじゃないか」と、見切り発車でほぼ無知識の中ほそぼそと作りはじめることにしました。そして、初心忘るべからずという意味も込めて、作っていく中で感じた感想やハマりどころなどを開発日記としてブロ...
https://dev.classmethod.jp/voice-assistant/amazon-alexa/firststep-alexa-skil-develop1/
【2018年】AWS全サービスまとめ その5(マネジメントコンソールの一覧にないサービスたち) | Developers.IO      2018-01-19 13:20:27  詳細
こんにちは。サービスグループの武田です。 この記事はAWS全サービスまとめ その5 です。 【2018年】AWS全サービスまとめ その1 コンピューティング ストレージ データベース 移行 ネットワーキング & コンテンツ配信 【2018年】AWS全サービスまとめ その2 開発者用ツール 管理ツール メディアサービス 【2018年】AWS全サービスまとめ その3 機械学習 分析 セキュリティ、アイ...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-summary-2018-5/
【登壇資料】「Amazon CloudFrontで始めるお手軽簡単CDN」と題して喋ってきた | Developers.IO      2018-01-19 12:20:46  詳細
先日の、2018年1月16日(火)、以下のイベントに登壇してきました。 1/16(火)『AWS Deep Night in 福岡』を開催します! | Developers.IO 早速、弊社 田中孝明 による、レポートも上がっております。 [レポート] AWS Deep Night in 福岡でディープでテックなセッションを聞いてきました | Developers.IO 私からは、「CloudFro...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/study-cloudfront/
初めて技術書を執筆して感じたこと・心がけようと思ったこと - log4ketancho      2018-01-19 12:20:33  詳細
2018 - 01 - 19 初めて技術書を執筆して感じたこと・心がけようと思ったこと AWS 執筆 いよいよ明日、1/20(土)に「Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド」が発売されます。先日、見本誌が届きました。元々、ピンクベースの表紙だったのですが、最終的には水色になったようです。(フロンターレ初タイトルの翌月に水色の本を出せるなんて!) 「技術書を書くこと」は...
http://www.ketancho.net/entry/2018/01/19/075800
複数のAWSアカウント管理を制するものが、AWSを制する - プログラマでありたい      2018-01-19 10:20:37  詳細
2018 - 01 - 19 複数のAWSアカウント管理を制するものが、AWSを制する いよいよ明日発売開始である Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド の一貫したテーマが、「 企業内でどのようにAWSを使っていくのか 」です。企業内でのユースケースを元に、ネットワーク/システム設計や運用管理、移行の話をしています。その中で1章を割いて説明しているのが、AWSアカウ...
http://blog.takuros.net/entry/2018/01/19/082029
CodePipeline で CodeCommit/CodeBuild/CodeDeploy を繋げてデリバリプロセスを自動化してみた #reinvent | Developers.IO      2018-01-19 07:20:31  詳細
CodePipeline で CodeCommit/CodeBuild/CodeDeploy を繋げてデリバリプロセスを自動化してみた #reinvent AWS re:Invent 2016 AWS特集 CodeBuild CodeDeploy CodeCommit CodePipeline この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。 こんに...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/delivery-by-codepipeline-codecommit-codebuild-codedeploy/
Certification Lounge 編 - re:Invent 2017 | Mobingi Labs      2018-01-19 07:20:30  詳細
AWS 認定を持っていないと入れない Certification Lounge へ行ってきました。AWS 認定を持っていないと入れない Certification Lounge へ行ってきました。 ラウンジに対する私の偏った?事前情報はこんな感じです。 飲み物、食べ物が豊富にある!というかこのラウンジが唯一の補給場所! 会場には充電する場所がなく、このラウンジが唯一の充電場所! Tシャツをもらえる...
https://labs.mobingi.com/aws-reinvent-2017-part3/
Serverless Frameworkのプラグインを利用したLambda@Edgeのデプロイ | Developers.IO      2018-01-19 07:20:28  詳細
はじめに こんにちは、中山です。 少し前の話になりますが、CloudFrontのエッジロケーションでLambdaを動作させられるLambda@Edgeが GAになりました 。めでたい。エッジコンピューティングのビックウェーブを感じます。 非常に可能性のあるLambda@Edge、とても便利なのですが個人的に少しだけ不満点があります。それはデプロイに手間がかかるという点です。Lambda@Edgeを...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/deploying-lambda-at-edge-with-serverless-framework/
Linux Network Namespace(netns)でEC2のENIごとに異なるネットワーク設定 | Developers.IO      2018-01-19 05:20:41  詳細
ども、大瀧です。 EC2インスタンスに追加のENI(Elastic Network Interface)を設定すると、ルートテーブルの不整合でうまく通信できなかったり、アプリケーションを追加のENI経由で通信させるのに苦戦したという経験はありませんか。自分は悶々とトラブルシューティングしていた時期があり、 極力使わないのがいいなという結論 をブログで吐露していました。時を経てひょんなことからnet...
https://dev.classmethod.jp/cloud/separate-networking-per-eni-by-linux-netns/
The Right Way to Manage Secrets with AWS · Segment Blog      2018-01-18 19:20:40  詳細
The way companies manage application secrets is critical. Even today, improper secrets management has resulted in an astonishing number of high profile breaches. Having internet-facing credentials is ...
https://segment.com/blog/the-right-way-to-manage-secrets/
Rails + AWS でモバイルフレンドリーな動画配信サイト構築 - メドピア開発者ブログ      2018-01-18 19:20:27  詳細
2018 - 01 - 18 Rails + AWS でモバイルフレンドリーな動画配信サイト構築 Rails HLS ElasticTranscoder S3 Cloudfront WAF Tweet Share on Tumblr あけましておめでとうございます。 メドピアのSRE @kenzo0107 です。 2018年もよろしくお願いします。 今回は昨年リニューアルした動画配信システムについ...
http://tech.medpeer.co.jp/entry/2018/01/18/174542
SmartNews のプッシュ通知配信が倍速になるまで - SmartNews Engineering Blog      2018-01-18 14:20:39  詳細
みなさまはじめまして、スマートニュースの井口 (いのくち; @kainoque ) です。 SmartNews におけるコンテンツ配信システムの開発を全般的に担当しています。 この記事では、SmartNews のプッシュ通知の遅延という障害発生から、それを修正し、最終的にはその配信速度を 2 倍以上にまでスピードアップさせた方法と、それを実現するために重要だった考えについてお伝えしたいと思います。...
https://developer.smartnews.com/blog/2018/01/push-improvement/
Serverless Frameworkで静的サイトをBASIC認証付きでホスティングするためのボイラープレートを作った - Copy/Cut/Paste/Hatena      2018-01-18 14:20:32  詳細
2018 - 01 - 18 Serverless Frameworkで静的サイトをBASIC認証付きでホスティングするためのボイラープレートを作った Serverless ※注意 2018/1/18時点ではCloudFrontに紐付けたLambda@Edgeを削除することができなくなります(結果Serverless Framework内で動いているCFnスタックの削除などにも失敗します)。 ht...
http://k1low.hatenablog.com/entry/2018/01/18/085843
[Linux] AmazonLinuxに、最新のJavaをインストールする - YoheiM .NET      2018-01-18 12:20:35  詳細
こんにちは、 @yoheiMune です。 Amazon EC2のAmazon Linuxで、Javaの最新版をインストールすることがあったので、その手順をブログに残したいと思います。 目次 対象の環境 Amazon EC2では様々なOSを扱えますが、この記事の対象はAmazon Linuxです。 また、執筆時点でのJava最新版は1.8なので、それをインストールする内容で執筆します。 プレインス...
http://www.yoheim.net/blog.php?q=20180101
グリーの様々なサービスを支えるクラウド運用およびデータ分析基盤      2018-01-18 12:20:34  詳細
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. グリーの様々なサービスを⽀えるクラウ ド運⽤およびデータ分析基盤 Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. ⾃⼰紹介 • グリー株式会社 インフラストラクチャ部 堀⼝ 真司 • やっていること • 主にクラウド環境の設計、開発、運⽤ • ゲームそのものの開発協⼒は...
https://d1.awsstatic.com/events/jp/2017/summit/slide/D3T4-5.pdf
AWS Kinesis Firehoseとkinesis-agentを利用してログをs3に収集する | Tech Blog      2018-01-18 12:20:33  詳細
こんにちは、アドテク本部でインフラエンジニアをしております山下といいます。 去年の話にはなりますが、2017年8月末、待ちに待っていた Kinesis Firehose が東京リージョンでも利用可能になりました。 利用可能になってすぐFirehoseの導入を行い現在運用している状態なので、溜まったノウハウを書いていきたいと思います。 Kinesis Firehoseとは これまでAWS東京リージョ...
https://adtech.cyberagent.io/techblog/archives/3921
AWS Lambda で Go が使えるようになったので試してみた | Developers.IO      2018-01-18 12:20:32  詳細
どうも!大阪オフィスの西村祐二です。 2018年1月15日、AWS Lambda が Go をサポート しました。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/01/aws-lambda-supports-go/ では、さっそく試してみます! 試してみる マネージメントコンソールからLambda関数を作成していきます。 ▼「一から作成」をク...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-lambda-supports-go/
【祝】CloudWatchログの新たな料金体系「Amazon CloudWatch Vended Logs」が発表されました! | Developers.IO      2018-01-18 09:20:23  詳細
【祝】CloudWatchログの新たな料金体系「Amazon CloudWatch Vended Logs」が発表されました! CloudWatch ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。 CloudWatchログの新たな料金体系「Amazon CloudWatch Vended Logs」が発表されました。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/...
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/amazon_cloudwatch_vended_logs_news/
credstash を使って Docker にクレデンシャル情報を渡す例2つ - Qiita      2018-01-18 06:20:28  詳細
Docker の起動スクリプトや docker-compose.yml を git で管理していると、パスワードなどのクレデンシャル情報の扱いに困ることがよくあります。 もし実行環境がAWSにあるのなら、 credstash というツールを使うとクレデンシャル情報の管理が簡単にできます。AWS以外の環境ではあまり使えません。 credstash はクレデンシャル情報を KMS を用いて暗号化した上...
https://qiita.com/ojima-h/items/919760fa13b9b634973e