「はしか流行はFacebook上の反ワクチン情報のせい」という批判にFacebookが対処へ - ITmedia NEWS      2019-02-16 15:20:02  詳細
「はしかの流行は、InstagramやYouTubeに反ワクチン情報が表示されるからだ」と米下院議員がFacebookとGoogleに対処を要請したことを受け、Facebookが対策中だとBloombergに語った。 米国の各地ではしかが流行する中、アダム・シフ下院議員(民主党)が2月14日(現地委時間)、米Facebookと米GoogleのCEOに対し、流行の...
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/15/news094.html
fzf ライクな fuzzy-finder を提供する Go ライブラリを書いた - blog.syfm      2019-02-16 13:20:02  詳細
fuzzy-finder fzf や fzy、skim などの fuzzy-search (あいまい検索) を提供する CLI ツールの登場により、コマンドラインでの操作はますます表現豊かになっています。 例えば、カレントシェルのコマンドヒストリの一覧から fuzzy-finder を使って選択したり、ghq + fuzzy-finder + cd の組み合わせで選択したリポジトリ...
https://syfm.hatenablog.com/entry/2019/02/09/120000
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト      2019-02-16 12:20:02  詳細
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト 1. 株式会社ブレインパッド 2019年2月15日 @ デブサミ 2019 機械学習システムのアーキテクチャ アラカルト ~ BrainPad における実例を交えて~ 1 2. 太田 満久 ● Deputy General Manager @ BrainPad Inc. ● Google Developers Expert (ML) ● Organizer of TensorFlow User ...
https://www.slideshare.net/mobile/BrainPad/ss-131876455
アルゴリズムの勉強は必要か?不要である3つの理由      2019-02-16 05:20:03  詳細
アルゴリズムとは? アルゴリズムとは、ある問題を解く具体的な手順のことです。 プログラミングの世界では、効率的な解法のことを指すことがあります。 有名なアルゴリズムだと、クイックソートと呼ばれるものがあります。 これは、その名の通り、数列を効率的にならべるアルゴリズムです。 また、私が初心者のころ 優...
https://www.tech-tech.xyz/programming-algorithm-waste.html
特徴量選択の今と新展開 - 機械学習を学習する天然ニューラルネットワーク      2019-02-11 13:20:02  詳細
特徴量選択とは 特徴量選択の難しさ 特徴量選択の手法の大別 教師ありの特徴量選択 filter method 単変量とクラスラベルの関連性を上げる 関係性を上げて冗長性を下げる 関係性を上げて多様性を上げる wrapper method Forward SelectionとBackward Elimination 遺伝的アルゴリズムと粒子群最適化 その他のwrapper method...
https://aotamasaki.hatenablog.com/entry/2019/02/10/130647
javascript-algorithms/README.ja-JP.md at master · trekhleb/javascript-algorithms · GitHub      2019-02-10 16:20:02  詳細
JavaScriptアルゴリズムとデータ構造 このリポジトリには、JavaScriptベースの多数のサンプル 一般的なアルゴリズムとデータ構造。 各アルゴリズムとデータ構造には独自のREADMEがあります 関連する説明と、さらに読むためのリンク (関連YouTubeのビデオも含まれてい). Read this in other languages: English, 简体中文...
https://github.com/trekhleb/javascript-algorithms/blob/master/README.ja-JP.md
Algorithms and Data Structures - Part 1 | Pluralsight      2019-02-08 06:20:02  詳細
CySA+ (CompTIA Cybersecurity Analyst) CS0-001 7 Courses 28 Hours
https://www.pluralsight.com/courses/ads-part1
プログラマの採用面接で聞かれる、データ構造とアルゴリズムに関する50以上の質問 | POSTD      2019-02-07 20:20:03  詳細
情報科学科の卒業生やプログラマの中には、UberやNetflixのような新興企業や、Amazon 、Microsoft、Googleのような大企業や、InfosysやLuxsoftのようなサービスを基本とする企業で、プログラミング、コーディング、ソフトウェア開発の仕事に就きたいと考える人が大勢います。しかし、実際にそういった企業で面接を受ける...
https://postd.cc/50-data-structure-and-algorithms-interview-questions-for-programmers/
TensorFlow 2.0 のコードの書き方基本集(PyTorchとの比較) - HELLO CYBERNETICS      2019-01-31 22:20:02  詳細
はじめに 線形回帰と学習のコード データセット PyTorch TF2.0 違い 些細な違い:層の定義の仕方 些細な違い:ロス関数の書き方 大きな違い:勾配計算とパラメータ更新 ニューラルネットワークの簡単な書き方 PyTorch TF2.0 違い 畳み込みニューラルネットワーク PyTorch TF2.0 違い パディング 畳み込み層→線形層 train...
https://www.hellocybernetics.tech/entry/2019/01/27/094139
fuzzy-finder で使われるスコアリングアルゴリズム - blog.syfm      2019-01-31 19:20:02  詳細
fuzzy-finder を構成するアルゴリズム fzy や fzf といった fuzzy-finder を使うと、stdin などからリストを受け取り、ユーザの入力によってマッチする行を絞り込むことができます。このとき、入力文字列の各文字は隣接している必要がありません。例えば、以下の画像のように baz という入力が与えられた時、これにマッ...
https://syfm.hatenablog.com/entry/2019/01/31/090000
任意の確率で独立にビットが立っているビット列を高速に生成する方法 - Qiita      2019-01-31 12:20:02  詳細
はじめに 「それぞれのビットが、確率$p$で1となっているようなランダムなビット列」が欲しくなる時ってありませんか?例えばスピン系とかのマルチスピンコーディングとかする時に必要だったりします。マルチスピンコーディングというのは、スピンの自由度をビットとしてパックして、同時に複数のスピンの状態を更新する...
https://qiita.com/kaityo256/items/99efbe7ae9786d0f4351
ゲームを解く!! 〜 将棋の必勝法を求めるアルゴリズム 〜 - Qiita      2019-01-29 16:20:03  詳細
2. ゲーム探索 ゲーム探索の考え方に馴染んで行きます。 2-1. ゲームのグラフ 二人零和有限確定完全情報ゲームでも、 盤面がループすることはない (オセロや石取りゲームなど) 盤面がループすることはあるが、なんらかのカウンタに基づく「引き分け」の規定がある (将棋の「千日手」など) とで扱いやすさが多少変わって...
https://qiita.com/drken/items/4e1bcf8413af16cb62da
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?基本から導入の進め方までまとめて解説 | RPA 国内シェアNo.1 「WinActor(ウィンアクター)」|NTTデータ公式サイト      2019-01-27 15:20:02  詳細
RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念です。 日本国内では2016年からRPAという言葉が使われ始め、その分かりやすさや、即効性から2017年には...
https://winactor.com/column/about_rpa
GitHub - ageron/tf2_course: Notebooks for my "Deep Learning with TensorFlow 2 and Keras" course      2019-01-26 20:20:03  詳細
Deep Learning with TensorFlow 2 and Keras – Notebooks This project accompanies my Deep Learning with TensorFlow 2 and Keras trainings. It contains the exercises and their solutions, in the form of Jupyter notebooks. WARNING: TensorFlow 2.0 preview may contain bugs and may not behave exactly like ...
https://github.com/ageron/tf2_course
Chainerモデルのさらなる高速化、デプロイの簡便化、可搬性の向上に向けた実験的な取り組みについて | Preferred Research      2019-01-26 20:20:02  詳細
PFN のエンジニアの浜地です。入社以来取り組んできた実験的なプロジェクト Chainer-compiler を github で公開しました。まだ実運用に投入していける段階では無いですが、面白いものになってきているのではないかと思うので、紹介させてもらいたいと思います。 https://github.com/pfnet-research/chainer-compiler 昨...
https://research.preferred.jp/2019/01/chainer%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%8C%96%E3%80%81%E3%83%87%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%81%AE%E7%B0%A1%E4%BE%BF%E5%8C%96%E3%80%81/
Dive into Deep Learning — An Interactive Deep Learning Book      2019-01-24 21:20:02  詳細
An interactive deep learning book with code, math, and discussions The contents are under revision
http://d2l.ai/
炭焼きレストランさわやかの全店舗を巡回する近似ルートを求める - Qiita      2019-01-24 14:20:02  詳細
きっかけ 静岡県内のみ店舗を持つハンバーグレストランの炭焼きレストラン さわやか(以下、単にさわやかと表記する)へ行ったことがある人はわかると思いますが、以下のようなハンバーグ用のマットが敷かれたときがありました。 これは静岡県内にあるすべてのさわやかの店舗を大まかに地図で図示したマットですが、初めて...
https://qiita.com/infhyroyage/items/50b9a45b2d1ed0dde218
「すごすぎる」「発想の勝利」 カエルの合唱の“法則性”、通信の効率化に応用 研究者に聞く (1/2) - ITmedia NEWS      2019-01-20 18:20:02  詳細
カエルの合唱とIoT機器のネットワークという、一見すると関係がないように思える事柄を結び付けた研究結果が話題に。研究の経緯を聞いた。 「面白いアイデアだ」「発想の勝利ではないか」――筑波大学と大阪大学がこのほど発表した、カエルの合唱の“ある法則性”を活用する研究結果が、ネット上で注目を集めている。ニホン...
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/15/news085.html
木と計算量 前編 - あなたは嘘つきですかと聞かれたら「YES」と答えるブログ      2019-01-17 23:20:03  詳細
この記事はCompetitive Programming Advent Calendar 2018の46日目の記事として書かれました(嘘) 最近、木上のアルゴリズムの面白い計算量解析が2つ話題になったのでまとめておきます。 予備知識 まず、二乗の木 DP - (iwi) { 反省します - TopCoder部 について復習します。 iwiさんのブログとは違う、より直感的な...
https://snuke.hatenablog.com/entry/2019/01/15/211812
Dive into Deep Learning — Dive into Deep Learning documentation      2019-01-17 11:20:02  詳細
An interactive deep learning book for students, engineers, and researchers. The contents are under revision.
https://d2l.ai/