簡単なトライ - LINE ENGINEERING      2018-12-14 19:20:02  詳細
これはLINE Advent Calendar 2018の14日目の記事です。 LINEの上村です。今日は文字列です。 はじめに トライ (trie)は文字列の集合を索引化し高速な検索を可能にするデータ構造であり、領域効率や高速性を向上させた多様なアルゴリズムが提案され種々の実装が公開されています。 IPアドレスの検索、形態素解析器におけ...
https://engineering.linecorp.com/ja/blog/simple-tries/
最短包含区間問題 - Qiita      2018-12-14 08:20:02  詳細
本記事は、「データ構造とアルゴリズム Advent Calendar 2018」 11日目の記事です。 10日目の記事は @Gaccho 氏による「完全ローグライクダンジョン生成アルゴリズム」でした。 12日目の記事は @Gaccho 氏による「アルゴリズム行進のアルゴリズムを作成する」です。 本記事では、「最短包含区間問題」という問題について...
https://qiita.com/okateim/items/99bc26e8757f9c45e3e9
FlameScope Pattern Recognition      2018-12-13 14:20:02  詳細
Recent posts: 08 Nov 2018 » FlameScope Pattern Recognition 08 Oct 2018 » bpftrace (DTrace 2.0) for Linux 2018 30 Jun 2018 » Evaluating the Evaluation: A Benchmarking Checklist 31 May 2018 » Linux bcc/eBPF tcpdrop 30 Apr 2018 » USENIX LISA 2018: CFP Now Open 22 Mar 2018 » TCP Tracepoints 09 Feb 20...
http://www.brendangregg.com/blog/2018-11-08/flamescope-pattern-recognition.html
Suffix Array - Qiita      2018-12-11 00:20:03  詳細
これは「データ構造とアルゴリズム Advent Calendar 2018」9日目の記事です. はじめに Suffix array1 はよく知られたデータ構造のひとつです.1990年に提案2されて以来,その使われ方は多岐にわたります.本記事では,この suffix array の基本事項として, suffix array とは何か suffix array を全文索引として用いる...
https://qiita.com/flare/items/20439a1db54b367eea70
Implicit Treap - 競プロ練習記録      2018-12-10 09:20:02  詳細
この記事はCompetitive Programming (1) Advent Calendar 7日目の記事とISer Advent Calendar 8日目の記事として書かれました。 TL;DR Implicit Treapを実装しました。以下の操作がクエリ毎O(logn)で可能です。 配列のランダムアクセス 配列の任意箇所へのinsert 任意要素のerase 任意区間に対するsum, max, min等のクエ...
https://xuzijian629.hatenablog.com/entry/2018/12/08/000452
ハミング距離と鳩ノ巣原理 - Qiita      2018-12-08 09:20:05  詳細
見ての通り地獄です。$k = 30$ で六百五十二京九千九百六十九兆八千九百三億千七百九十三万(ろっぴゃくごじゅうにけいきゅうせんきゅうひゃくろくじゅうきゅうちょうはっせんきゅうひゃくさんおくせんななひゃくきゅうじゅうさんまん)になります。3 4 そもそも、線形探索より高速に検索することが目的でしたので、$Q$ ...
https://qiita.com/kampersanda/items/65ae8bf31b71623258e7
定数時間MSBアルゴリズム - Qiita      2018-12-08 09:20:04  詳細
1-4ビット目yyyyはxxの値によって変わりますが、フラグの値は$X$のMSBと$A$中の1の位置で決まります。$A$の1が$X$のMSBより左にあるとフラグは0、さもなければフラグは1です。よって$X$に対してこの引き算を全部試せば、MSBの数だけ1が立ったフラグが手に入ることになります。 これを利用して$X’$を作っているのが...
https://qiita.com/MKLemma/items/30e09c2472d75b780702
ワンス・アポン・アン・アルゴリズム ―物語で読み解く計算― / Martin Erwig  著 高島 亮祐 訳 | 共立出版      2018-12-05 13:20:02  詳細
本書は,「計算」にまつわる様々な概念を,日常生活やよく知られた物語にたとえて描いている。『ヘンゼルとグレーテル』は森を抜けて家に帰るためのアルゴリズムを実行しており,『恋のデジャ・ブ』は決定不可能な問題の話であり,『シャーロック・ホームズ』はデータ構造を駆使して事件を解決している。『ハリー・ポッ...
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320124417
ハルヒ問題(最小超置換問題)の紹介 - Qiita      2018-12-04 19:20:02  詳細
はじめに 皆さんこんにちは、「データ構造とアルゴリズムAdvent Calendar」の作成者、文字列大好き文字列初心者の@kgotoです。 一昨年と去年は「文字列アルゴリズムAdvent Calendar」を作り、去年は念願の完走をしました。有り難いことに反響も大きかったです! 今年は「データ構造とアルゴリズム」と対象を広げて、一瞬...
https://qiita.com/kgoto/items/884b04b636de90136014
Google検索結果に歴史用語で変化  「従軍慰安婦」でNAVERまとめの順位低下      2018-12-04 17:20:02  詳細
検索最大手Googleが11月上旬に実施したアップデートで、検索結果にこれまでにない変化が出ている。歴史に関する言葉で、大手メディアが上位に表示されやすくなった。 Googleはユーザーに価値の高い情報を届けるため、正確さに問題がありそうなページが検索上位に表示されないよう、検索のアップデートに取り組んでいる。...
https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/google-search
GitHub - adjoint-io/raft: Raft Consensus Algorithm      2018-12-03 00:20:02  詳細
Adjoint's implementation of the Raft consensus algorithm. See original paper for further details about the protocol. Overview Raft proposes a strong single-leader approach to consensus. It simplifies operations, as there are no conflicts, while being more efficient than other leader-less approach...
https://github.com/adjoint-io/raft
Maze Algorithms      2018-12-01 17:20:03  詳細
If you're interested in maze algorithms, I've written a book about the subject: "Mazes for Programmers". Check it out! The source code for these demos is freely available at http://github.com/jamis/csmazes. Recursive Backtracking
https://www.jamisbuck.org/mazes/
意外と解説がない!動的計画法で得た最適解を「復元」する一般的な方法 - Qiita      2018-11-24 04:20:03  詳細
NTTデータ数理システムでアルゴリズムを探求している大槻 (通称、けんちょん) です。 好きなアルゴリズムは最小カットやマッチングですが、会社ではなぜか「動的計画法が好きな人」と呼ばれています。今回は動的計画法を用いて得られた最適解を復元するための汎用的な方法について紹介します。 0. はじめに 動的計画法を...
https://qiita.com/drken/items/0c7bab0384438f285f93
Billion-scale similarity search with GPUs - Speaker Deck      2018-11-19 08:20:03  詳細
近似近傍探索ライブラリ Faiss の元論文、"Billion-scale similarity search with GPUs" https://arxiv.org/abs/1702.08734 の紹介です。
https://speakerdeck.com/takuyaa/billion-scale-similarity-search-with-gpus
人間には真似できない?自分でカラダを作りかえて進化するボット | ギズモード・ジャパン      2018-11-19 03:20:03  詳細
人間には真似できない?自分でカラダを作りかえて進化するボット2018.11.10 22:00 George Dvorsky [原文] ( Haruka Mukai, Kaori Myatt ) GIF: David Ha/Google Brain/Gizmodo US 進化するのは生き物だけじゃなかった。 これからゲームや仮想世界が大きく変わるかもしれません。まだ実験段階ですが、人間が思いもつ...
https://www.gizmodo.jp/2018/11/google-brain-ai-self-evolution.html
【決定版】コンピュータ将棋のHASHの概念について詳しく | やねうら王 公式サイト      2018-11-18 15:20:02  詳細
いまどきの将棋ソフトを使っていると、「HASH 50%」などと表示されている。これはHASH利用率と呼ばれる。この数字が大きくなってくると探索の効率が悪くなる。要するに潤沢にメモリがある場合に比べると弱くなる。これは、どれくらいの値までであるなら適切なのか?HASH利用率が99%にならない限りHASHには余裕があるもの...
http://yaneuraou.yaneu.com/2018/11/18/%E3%80%90%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88%E3%80%91%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AEhash%E3%81%AE%E6%A6%82%E5%BF%B5%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
A Very Simple Prime Sieve in Haskell - Donnacha Oisín Kidney      2018-11-18 13:20:02  詳細
A few days ago, the Computerphile YouTube channel put up a video about infinite lists in Haskell (Haran 2018). It’s pretty basic, but finishes up with a definition of an infinite list of prime numbers. The definition was something like this: Unfortunately, and contrary to what’s stated in the vid...
https://doisinkidney.com/posts/2018-11-10-a-very-simple-prime-sieve.html
「無限に都市が生成されるアルゴリズム」で生成された都市を自由に歩き回ってみた - GIGAZINE      2018-11-16 11:20:03  詳細
波動関数とは「物体の状態そのもの」が波動で表されるという関数であり、時にはゲーム内の物理シミュレーションなどに利用されることもあります。そんな波動関数がある1つの固有の状態に収縮することを波動関数の崩壊と呼び、そんな波動関数の崩壊を用いた「無限に都市が生成されるアルゴリズム」を作り出す猛者が登場。...
https://gigazine.net/news/20181116-infinite-procedurally-generated-city/
機械が私たちの偏見を継承する仕組み | POSTD      2018-11-16 08:20:03  詳細
機械は言語の処理を学習する際、人が書いた文章のサンプルから性別や人種的な偏見を継承します。 トルコ語では、”彼(he)”、”彼女(she)”、”それ(it)”を表すための代名詞が、”o”の1つしかありません。”o”の代名詞が含まれるトルコ語の文章をGoogle翻訳で英語に翻訳する場合、翻訳アルゴリズムは英語のどの代名詞が”o...
https://postd.cc/ai-doesnt-have-to-be-conscious-to-be-harmful/
単一SQLクエリでハノイの塔を解いてみよう - Qiita      2018-11-07 08:20:02  詳細
はじめに 再帰演習の定番である「ハノイの塔」をSQLで解きます。基本OracleのSQLで記述していますが、特別なことをしているわけではないので、再帰が使えるSQLであればすこしの手直しで簡単に書き換えらます。ということで最後にPostgreSQL版とMySQL版も載せています。 ハノイの塔の再帰アルゴリズム ハノイの塔には非常...
https://qiita.com/tlokweng/items/f8c2afb54d6f181d7f49