https://udzura.hatenablog.jp/entry/2019/06/27/163046

たまには「〜話」メソッドでブログを書く。あと6月は二回ブログを書けたのでめでたい。 さて、タイトルのようなことをしています。 前提としてeBPFという、カーネル内で動く特定の目的のプログラムを比較的高速・安全に書くための技術があるのですが、そのプログラムはバイトコードベースなので、eBPFを扱うプログラム...  

関連エントリ

和田卓人さん出題のテスト駆動開発問題『現在時刻とロケールに依存するテスト』をPHPを使ってオブジェクト指向で解答してみました #php #object_oriented|CodeIQ MAGAZINE

エディタ不問!ラングリッチで一緒に働いてくれるエンジニアを超募集。 - 日々、とんは語る。

これであなたもテスト駆動開発マスター!?和田卓人さんがテスト駆動開発問題を解答コード使いながら解説します~現在時刻が関わるテストから、テスト容易性設計を学ぶ #tdd|CodeIQ MAGAZI

[その2] RubyとPythonの違いからガベージコレクタを理解する - ワザノバ | wazanova.jp

http://patshaughnessy.net/2013/10/30/generational-gc-in-python-and-ruby 前回のエントリーはこちら。 ブタペストで開催されたRUPY2013でのPat Shaughnessyのプレゼンの後半です。RubyとPythonのガベージコレクタの違いを、今回は、Pythonの循環データ構造への対応とRuby 2.1の世代別ガベージコレク...

Phusion Passengerアプリサーバ、Node.jsをサポート

Phusion Passengerアプリサーバ、Node.jsをサポート 作者: Felix Holmgren , 翻訳者 笹井 崇司 投稿日 2013年11月11日 | 共有 |  後で読む マイリーディングリスト もともとRubyをターゲットにしていた人気のあるWebアプリケーションサーバ、Phusion PassengerがNode.jsアプリをサポートした。この機能は今年初めに、Passe...