https://www.ruby-lang.org/en/news/2019/03/31/support-of-ruby-2-3-has-ended/

We announce that all support of the Ruby 2.3 series has ended. After the release of Ruby 2.3.7 on March 28, 2018, the support of the Ruby 2.3 series was in the security maintenance phase. Now, after one year has passed, this phase has ended. Therefore, on March 31, 2019, all support of the Ruby 2...  

関連エントリ

和田卓人さん出題のテスト駆動開発問題『現在時刻とロケールに依存するテスト』をPHPを使ってオブジェクト指向で解答してみました #php #object_oriented|CodeIQ MAGAZINE

エディタ不問!ラングリッチで一緒に働いてくれるエンジニアを超募集。 - 日々、とんは語る。

これであなたもテスト駆動開発マスター!?和田卓人さんがテスト駆動開発問題を解答コード使いながら解説します~現在時刻が関わるテストから、テスト容易性設計を学ぶ #tdd|CodeIQ MAGAZI

[その2] RubyとPythonの違いからガベージコレクタを理解する - ワザノバ | wazanova.jp

http://patshaughnessy.net/2013/10/30/generational-gc-in-python-and-ruby 前回のエントリーはこちら。 ブタペストで開催されたRUPY2013でのPat Shaughnessyのプレゼンの後半です。RubyとPythonのガベージコレクタの違いを、今回は、Pythonの循環データ構造への対応とRuby 2.1の世代別ガベージコレク...

Phusion Passengerアプリサーバ、Node.jsをサポート

Phusion Passengerアプリサーバ、Node.jsをサポート 作者: Felix Holmgren , 翻訳者 笹井 崇司 投稿日 2013年11月11日 | 共有 |  後で読む マイリーディングリスト もともとRubyをターゲットにしていた人気のあるWebアプリケーションサーバ、Phusion PassengerがNode.jsアプリをサポートした。この機能は今年初めに、Passe...