https://japan.zdnet.com/article/35135224/

The Apache Software Foundationは米国時間4月1日、Apache(httpd)ウェブサーバに存在する深刻な脆弱性(「CVE-2019-0211」)に対するパッチを公開した。同脆弱性は特定の状況下において、悪意あるサーバスクリプトの管理者(root)権限での実行を許してしまうことで、そのサーバの乗っ取りを可能にするというものだ。 ...  

関連エントリ

4月から新卒エンジニアになる人達に読んでほしいIT系ニュースサイト9選 - paiza開発日誌

2015-01-13 4月から新卒エンジニアになる人達に読んでほしいIT系ニュースサイト9選 Photo by Anssi Saviluotoこんにちは。今回は谷口がお送りします。来年度にITエンジニアとして新卒入社をされる皆さんは、IT系のニュースや情報の収集はどうやってしていますか?先日弊社が開催いたしました、学生の方向けの勉強会でも「就活中や入社前に見ておくと役立つサイトはありますか?」「入...