https://sourcediving.com/elastic-kubernetes-service-536a9ffe9223

Amazon Elastic Kubernetes ServiceOur First Impressions with EKS Amazon announced EKS, the Elastic Kubernetes Service at re:Invent back in November 2017. At Cookpad we were lucky enough to take part in the Preview process for the past few months where we tried out the service and evaluated it for ...  

関連エントリ

最近の仮想化界隈を知る:VMWareからCoreOSまで - 射撃しつつ前転b

仮想化の分野はどんどんと新しいものが出てくる。全部を実際に試すことは出来なくても、筋が良さそうなものについては、どういうものなのかある程度把握しておきたい。最近はちょっと忙しくてあまり情報収集ができてなかったので、追いつこうと思ってちょっと調べてみた。 ハイパーバイザ型仮想化とコンテナ型仮想化 仮想マシンの歴史をたどると、メインフレームの方では随分と昔から使われている技術である、と出てくる。一方で...

コンテナ型仮想化「Docker 0.7」リリース。主要Linuxディストリビューション全対応、ストレージドライバ同梱、コンテナ命名も可能に - Publickey

コンテナ型仮想化「Docker 0.7」リリース。主要Linuxディストリビューション全対応、ストレージドライバ同梱、コンテナ命名も可能に コンテナ型の仮想化は、ハイパーバイザによってハードウェアを仮想化する従来の方法とは異なり、OSの上に分離された複数のユーザー空間を作り出すことで、物理サーバの上に複数の仮想サーバを実現します。 ハイパーバイザ型に比べてコンテナ型は非常に軽量で、それがいまコンテ...

Docker 0.7 runs on all Linux distributions – and 6 other major features | Docker Blog

November 26, 2013 Docker 0.7 runs on all Linux distributions – and 6 other major features So, Docker 0.7 is finally here! We hope you’ll like it. On top of countless bug fixes and small usability impr...

米Red Hatが「RHEL 6.5」を発表ーーDocker対応、仮想化KVMも強化 | SourceForge.JP Magazine

米Red Hatは11月21日(米国時間)、Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux 6.5」をリリースした。コンテナ技術Dockerやネットワーク経由で高精度な同期を行う標準規格「PTP」のサポートなどが加わり、仮想化はKVMを中心に強化されている。 Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.5は現在の最新ブランチであるバージョン...

configspec で Dockerfile を生成できるようにした - Gosuke Miyashita

configspec とか Immutable Infrastructure について、@kazuho さんから色々とありがたいツッコミをいただきまして、その中で 個人的にはSCMあるいはLVMの管理下において、record-cmd yum -y install httpd とかすると、コマンドがSCMのコメントに残りつつ、ファイルシステムに発生した差分が変更履歴として保存されるくらいでいいんじゃ...