https://www.moongift.jp/2018/03/gitleaks-%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8B%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF/

AWSのキーなど万一にも漏洩すると大変なことになる情報をGitHubにプッシュすると、わずか数分で抜き取られるなんて怖い話があります。この話を聞いて、自分の過去のリポジトリは大丈夫なのかと焦った方も多いでしょう。 しかし過去のすべての状態において問題がなかったか確認するのは大変です。そこで使ってみたいのがgitleaksです。 gitleaksの使い方 gitleaksはリポジトリを指定して実行す...  

関連エントリ

Kibana入門 // Speaker Deck

第2回elasticsearch勉強会の発表資料です。 Kibanaの基本的な使い方について網羅的にまとめました。

Kuromojiで日本語全文検索 – AWSで始めるElasticSearch(1) | Developers.IO

Kuromojiで日本語全文検索 – AWSで始めるElasticSearch(1) AWSで始めるElasticSearch AWS特集全文検索 はじめに 初めまして、ブロガーとして出張してきました@smokeymonkeyです。 今回、AWS上にElasticSearchを導入し、試行錯誤した結果をまとめてみました。シリーズものとして何度か続けていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致しま...

Amazon EC2 で M1,C1 インスタンスを使ってる人は今すぐ C3 を使い始めよう - yoshidashingo

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾(@yoshidashingo)です。 Amazon EC2 を利用するとき、スタンダードな利用にはとりあえず M1、ちょっとしたCPUバウンドな処理が多い場合には C1 を使っちゃいますよね。そんなアナタはものすごく損をしている可能性が高いです。先々週の AWS re:Invent で発表になった新しい Amazon EC2 インスタンスタイプ である...

Amazonクラウド、国境をまたぐMySQLレプリケーション機能をAmazon RDSに追加。ディザスタリカバリが容易に - Publickey

Amazonクラウド、国境をまたぐMySQLレプリケーション機能をAmazon RDSに追加。ディザスタリカバリが容易に 日本とシンガポールの間でデータベースのレプリケーションを行う、あるいは日本とアメリカなど、国境を超えて離れた地域間でデータベースのレプリケーションを行う機能「Cross-Region Read Replicas for Amazon RDS for MySQL」を、Amazon...

MySQLでcharacter_set_databaseがlatin1になってしまう問題の対応方法 - よかろうもん!

2013-11-19 MySQLでcharacter_set_databaseがlatin1になってしまう問題の対応方法 MySQL アプリケーションのバージョンアップなどでテーブル追加を伴うスキーマ変更があった場合に、テーブル追加したところのデータだけ画面で「????」になって表示されてしまうことが稀にあります。 この対応方法について、発生理由と共に簡単に解説しておこうと思います。 結果だけを先...